入野中学校 男子ソフトテニス部

不撓不屈の精神で、全国大会を目指す。

入野中学校
男子ソフトテニス部

入野中学校男子ソフトテニス部は、2年生16名、1年生6名の22名で活動。各学年に4人ずついる経験者を中心に、数多くのボールを打つことを意識した練習が組まれている。

新人戦浜松地区大会では、準決勝で優勝した浜名中学校に1対2の接戦で敗れたものの、見事3位。西部大会への出場権を獲得した。

キャプテンの名倉悠太くんは地区大会をこう振り返る。「普段の練習通り、粘り強く戦って勝ち上がることができました。選手自らが考え、試合中に改善することができたことも自信に繋がりました。浜名中と競り合えたことも収穫ではありますが、前衛が弱いという弱点も見つかった試合でした。今後は前衛練習を増やし、少しでもチーム力をアップして西部大会に挑みたいです」

粘り強く戦えた理由は、普段の練習で取り入れている“振り回し”などのフットワーク練習。チームとしての武器を手に入れた今、自分たちで見つけた課題の克服にチーム全体で取り組むことで更なる飛躍を目指す。

「チームの目標は全国大会出場です。そのためには普段の練習から改善する必要があると思っています。もっともっと試合を想定した練習を取り入れるとともに、試合のような緊張感を持って練習に励みたいです」(名倉キャプテン)

チームの合言葉は“不撓不屈”。強い意志を持って、どんな苦労や困難にもくじけないのがチーム指針。新人戦では上々の滑り出しを見せた彼らだが、真価を問われるのはこれから。全国という高い壁に向かって、彼らの強い意志が試される。
入野中学校 男子ソフトテニス部

入野中学校 男子ソフトテニス部

設置箇所

アオヤマ

はまっと接骨院

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 広沢卓球少年団
    広沢卓球少年団平成3年に結成され、今年で24年目を迎える広沢卓球少年団。広沢小学校を中心…
  2. 編集長のひとりごと
    中学では、新人戦地区大会が終わり、本誌発行時点では、多くの競技で西部大会が行われている。地区大会を見…
  3. 篠原グリーンズ
    第8回セイブ自動車学校旗スーパージュニア学童軟式野球大会平成27年10月4日と10日の二日間、細…
PAGE TOP