北浜中学校 女子バレーボール部

先輩と約束した東海大会の舞台へ。

北浜中学校 女子バレーボール部

『令和元年度中学校夏季総合体育大会』の女子バレーボールの部で、3年生がたった一人ながら、快進撃を見せた北浜中学校。県大会にはあと一歩及ばなかったものの、ノーシードながらベスト8という成績を残した彼女たちの軌跡を追った。

新人戦や春の選手権では目立った成績を残すことができず、ノーシードで迎えた最後の夏。予選では、篠原中学校に勝利すると、シード校の浜名中学校にも勝利。1位で予選リーグを突破した。決勝トーナメントでは、初戦の舞阪中学校をストレートで下すと、続く東部中学校戦は、第1セットを奪われるも、その後2セットを連取し、逆転勝ち。ベスト8進出を果たした。

チームの主力を担うのは2年生。そして、チームを引っ張ってきたのが、たった1人の3年生、澤木まなさん。入部当初から同学年は1人だけという状況の中、3年間部活に打ち込んできた。1年生大会は不参加。昨年は上級生と一緒に、そして今年は下級生と一緒に大会に挑んだ。常にチームのことを考え、取り組むその姿勢に後輩たちも応えるように快進撃を続けた。今夏は、準々決勝で優勝した新居中学校に敗れ、順位決定戦で、県大会常連の鷲津中学校に敗れたことで、県大会出場の道は途絶えてしまった。残されたのは、最後の7位決定戦。勝っても県大会に出場できるわけではない、言わば消化試合。それでも彼女たちのモチベーションは下がらなかった。これが、3年生とバレーができる最後の試合。悔いのない一戦にしようと全員で決めていた。第1セットを取り、迎えたマッチポイント。全てのボールを澤木さんに集めた。後輩たちがつないだボールをキャプテンが決めてゲームセット。7位という成績を収めたが、勝ち負け以上の光景がそこには広がっていた。

夏季大会を終え、新チームが始動。昨年から主力を担ってきた選手が多く、試合経験は他校よりも多い。サイズの大きい選手も多く、高さもチームの武器だ。新チームのキャプテンとなった坂口実優さんは、「最後にいい試合ができて、夏を終えることができました。ただ、先輩を県大会に連れていけなかったことは、悔いが残ります。来年は、東海大会に行くことを先輩に約束したので、それが果たせるようにこの一年間を精一杯頑張っていきたいです」と話す。

同部のモットーは、笑顔や気遣い、強さを身につけて人として成長すること。それは、先生から教わることばかりではない。先輩や後輩から学ぶことも多い。時には衝突しながらでも、お互いの想いを知ることで大きく成長できる。彼女たちが次の一年でどういったチームを作っていくのか、注目していきたい。

北浜中学校 女子バレーボール部

北浜中学校 女子バレーボール部

北浜中学校 女子バレーボール部

ジョイントプラクティスバレーボール教室

浜松ウイメンズオープン

大会結果

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. ジュニアアスリート浜松最新号
    信じる力。ジュニアアスリート浜松最新号「信じる力。」が、いよいよ7月27日(金)に配布開始となり…
  2. 浜名中学校 陸上部(男子)
    浜名中学校陸上部(男子)4×100mリレーにおいて、新人戦の西部大会で2位という成績を収めた…
  3. 佐鳴台中学校 男子ソフトテニス部
    佐鳴台中学校 男子ソフトテニス部新人戦西部大会で準優勝を果たした佐鳴台中学校男子ソフトテニス部。…
PAGE TOP