第29回国際親善中学野球浜松選抜台湾遠征

浜松選抜台湾遠征レポート。

第29回国際親善中学野球
浜松選抜台湾遠征

浜松地区の中学野球部から選抜された42名で構成された『浜松選抜』。H、Oの2チームに振り分け、静岡県親善野球大会に参加した後、台湾遠征へ。令和元年8月17日から21日の5日間に渡って行われたその大会の模様をレポートする。

令和元年8月17日から行われた『台湾遠征親善試合』。浜松選抜Oチームは中山國中学校と対戦。初回、先頭打者の磯野(開成)がヒットで出塁する。1死3塁となり、キャッチャーの悪送球の間にホームに返って、幸先良く先制する。その後、キャプテン山岸(三ヶ日)が、フェンスダイレクトの2ベースヒットを放つと、すかさず盗塁を決め、再び1死3塁。続く打者の内野ゴロの間に1点を加えた。先発の小野(三ヶ日)も2回を無失点で切り抜け、2対0で迎えた3回。相手の打線が爆発。3回に3点を奪われ逆転を許すと、4回に5点、5回に4点を献上し、大差をつけられる。Oチームも鈴木悠雅(東部)のホームランなどで2点を返すが、4対14で大敗。黒星スタートとなった。

翌日は、陽明國中学校と2試合を戦った。初戦のAチーム戦では、0対0で迎えた2回、酒井(中郡)が出塁すると、ヒットと四球でチャンスを広げる。ここから4連続のタイムリーが飛び出し、7点を先制。4回にも2点を追加し、9点をリードする。最終回に3点を奪われるも、9対3で勝利し、台湾での初勝利を挙げた。続くBチームとの一戦。1点を先制されて迎えた4回、1死から3番山岸がセンターオーバーの3ベースヒットを放ち、チャンスを作ると、4番近藤(三方原)のタイムリーヒットで試合を振り出しに戻す。5回には、エラーと死球でチャンスを作ると、バッテリーエラーで2点を追加し、打席には前の打席でタイムリーヒットを放っている近藤。ここでも4番がタイムリーヒットを放ち、さらに2点を追加。投げては、小野、鈴木偉央(麁玉)の継投で1失点に抑え、6対1で勝利。2勝1敗で台湾遠征を終えた。

一方のHチーム。初戦の中山國中戦は、2回、1死1、3塁から小出(細江)がセーフティスクイズを決め1点を先制する。3回には、山田(丸塚)がヒットと盗塁で無死2塁のチャンスを作ると、続く打者の内野ゴロの間に3塁へと進塁。ここで相手に送球エラーが出ると、その間にホームに返り追加点を挙げる。1点を返され、迎えた5回。ヒットとエラーで1点を追加し、なおも1死3塁。ここで、鈴木勇斗(浜名)が右中間へ会心の一打。相手の中継が乱れた隙に打者走者もホームへと返り、さらに2点を追加し、5対1とした。その裏に2点を返されるも、6回に1点を追加し、6対3。初戦を白星で飾った。

翌日は、陽明國中と2試合。1試合目では打線が爆発。初回に1点、2回に2点を追加した3回。2死3塁で、服部(丸塚)が四球を選び1塁へと進むと、そのままベースを蹴り、2塁へ。虚を突かれた相手投手が慌てて2塁へ送球するが、この間に3塁ランナーがホームイン。この回も2点を追加。試合の流れを完璧に掴んだHチームは、5回にも2点を挙げた。投げては、先発の羽切(曳馬)が、緩急をつけた投球で4回1失点の好投を見せると、代わった玉田(北浜東部)、鈴木貴都(曳馬)も無失点に抑えて、7対1で勝利を収めた。

2試合目は、3回に平井(丸塚)、6回に山田(丸塚)のタイムリーで1点ずつを奪うと、守りでは服部、平井の夏季大会優勝バッテリーが相手を翻弄。服部が3回2安打無失点で試合の流れを作ると、細窪(引佐南部)が繋ぎ、最後は山田(丸塚)が3回無失点で締め、2対0で勝利。3連勝を飾って台湾遠征を終えた。

※写真は合同練習時のものです。

第29回国際親善中学野球浜松選抜台湾遠征

第29回国際親善中学野球浜松選抜台湾遠征
第29回国際親善中学野球浜松選抜台湾遠征

第29回国際親善中学野球浜松選抜台湾遠征
第29回国際親善中学野球浜松選抜台湾遠征

常葉大学食プロデュースサークル

設置箇所

ビオ・あつみ

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 浜北キッカーズFC
    浜北キッカーズFC内野小学校を拠点に活動している『浜北キッカーズFC』。昭和60年に結成…
  2. 男子バスケットボールは浜松学院中学校が優勝平成28年10月1日から始まった男子バスケットボールの…
  3. 中学校夏季総合体育大会 剣道競技の部(女子) 県大会
    中学校夏季総合体育大会剣道競技の部(女子)県大会平成29年7月30日に行われた『中学校夏…
PAGE TOP