曳馬中学校 男子バレーボール部

適応力に強い精神力をプラスして
 『全国大会』出場を目指す

曳馬中学校 男子バレーボール部

新人戦浜松地区大会でベスト4、西部大会では準優勝を果たした曳馬中学校。

県大会では惜しくも準々決勝で敗れ、二年連続での東海大会出場は逃したものの、群雄割拠の男子バレーボールにあって、今年も強豪としての地位を保っている。

今年のチームの特徴は、その“適応力”。相手に主導権を握られても、選手間で試合中に修正を繰り返し相手の攻撃に対応。高いレシーブ力をベースに、粘り強く相手のスパイクを拾い続け、じわりじわりと流れを引き寄せる。チームの攻撃の中心はサウスポーエース。左右両サイドからのワイド攻撃を武器に得点を積み重ねていく。

今後の課題は、攻撃のバリエーションを増やすこととメンタルコントロール。

浜松市スポーツ祭の準決勝では、県王者の北浜東部中に対し互角以上の戦いを見せたものの、終盤の緊迫した場面でのミスが響き、惜しくも敗れた。「全国大会へ出場するためには、接戦を勝ち抜く強い精神力が不可欠」と気付かされた敗戦となった。

課題はハッキリした。

あとはそれをクリアするために練習あるのみ。

高い適応力にくわえ豊富な攻撃バリエーション、そして窮地に立たされた時に踏ん張れる精神力を手に入れた時、曳馬中学校男子バレーボール部は“夏の大本命”となる。

曳馬中学校 男子バレーボール部

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. しつもんメンタルトレーニング
    レッスン3 言葉を考える日常、皆さんはどのような言葉を使っているでしょうか?そして、その言葉…
  2. 中体連夏季大会野球の部
    大本命の都田中学校が敗れる波乱の大会に!夏季大会野球の部はベスト8までが確定。“大本…
  3. ソフトボール浜松地区大会予選リーグの組み合わせ
    7月2日より開幕するソフトボール浜松地区大会の組み合わせが決まった。昨年は、浜松南部中学校が…
PAGE TOP