杉森心音

後輩に憧れられる選手でありたい。

杉森 心音
北浜中学校陸上部

昨年の全国中学校総合体育大会で女子1500m走において5位入賞を果たした杉森心音さん(北浜中学校3年)。6月の静岡県選抜陸上競技大会で標準記録を突破し、2年連続での全国大会出場を決めた。

陸上競技を始めたのは小学5年の時。地元の浜北ACに入り、長距離走の選手としてのスタートを切った。小学生の時の最高順位は県大会7位。決して突出した選手ではなかった。そんな彼女がひとつの決断をする。それが隣接校である北浜中学校への越境入学。北浜中は当時から長距離の強豪であり、その中で本気で上を目指したいと入学を決意。この決断が彼女を大きく成長させることとなる。

中学入学後は順調に記録を伸ばし、常に県の上位に入る選手へと成長。一年の秋には、自身初となる全国大会『ジュニアオリンピック』への出場を果たしたが、結果は準決勝敗退。「決勝まではいけると思っていたけど勝てませんでした。自分より速い選手がこんなにいるのかと悔しかったです」と彼女は振り返った。その悔しさをバネに、さらに上を目指し練習に励んだ。

幸いにもひとつ上の先輩に昨年の全国大会優勝者である米澤奈々香さん(仙台育英高校1年)がいたこともあり目標は明確だった。常に全国トップランナーと走ることで彼女自身もどんどん成長していった。しかし、冬場に足を怪我。4ヶ月間練習のできない日々を過ごした。2年の春に復帰。調整遅れはあったものの、夏の全国大会で5位入賞。それでも彼女は満足できなかった。「昨年は、奈々香さんとワンツーを狙っていたので、5位では全然満足できませんでした。怪我があったとはいえ悔しさと申し訳なさが残った大会でした」と話した。その悔しさを胸に挑んだ秋のジュニアオリンピックでは米澤さんとのワンツーを達成。これからは、自分が長距離のエースとしてチームを引っ張る存在になるよう先輩からのバトンを受け取った。

昨年は静岡県の代表として『東日本女子駅伝』に初出場。区間2位という快走を見せ、全国にその名を轟かせた。今年4月に行われた『静岡県西部陸上競技選手権大会』では、4分25秒58という記録で優勝。この記録で全国ランキングのトップに躍り出た。6月30日に行われた『静岡県選抜陸上競技大会』では、静岡東中学校の細谷愛子さんと熾烈なトップ争いを繰り広げ、惜しくも0.04秒差で2位となったものの標準記録を突破。昨年に続き夏の全国大会出場を決めた。「今年の目標は日本一。昨年は悔しい想いをしたので、今年は満足のいく走りをして、最後の夏を終えたいです」

長距離のエースとしてチームを引っ張ってきたこの一年。彼女の中には、後輩に憧れられる選手であり続けたいという想いがあった。それは入学してから常に追いかけてきた米澤さんの存在が大きい。その背中に追いつき、追い越していくためにも、今年は自分も日本一に。そして、その後は全国駅伝を目指す。「北浜中の女子チームは3年連続で県2位。全国駅伝には出場したことがありません。特に一昨年は1秒差という非常に悔しい結果でした。それが私の初めての県駅伝だったのですごく印象に残っています。駅伝の全国大会。これは女子チームの悲願なので、全国を目指して頑張りたいです」

彼女に将来の目標を聞いてみると、「まずは高校でインターハイに出て上位にいける選手になりたいです。その後は、やはりオリンピックに出られるような選手になりたいですね」と笑いながら話してくれた。

常にこうありたいという強い気持ちが、彼女をここまで大きく成長させてきた。自分のありたい姿を手に入れるために努力できることが、彼女の最大の魅力であり武器である。まずは夏の全国大会で、日本の頂点へと駆け上がる。

杉森心音

藤井接骨院

イズモ葬祭

つなぐ

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 細江卓研卓球クラブ
    細江卓研卓球クラブ子供から大人まで誰しもが馴染み深く、生涯スポーツのひとつとされている卓球。ロン…
  2. 中学校夏季総合体育大会 サッカー競技の部 県大会組み合わせ
    中学校夏季総合体育大会サッカー競技の部県大会組み合わせ本日、平成29年7月25日に開幕し…
  3. 曳馬中学校 野球部同点で迎えた最終回裏、ワンアウト満塁、一打“サヨナラ負け”の大ピンチ。バッター…
PAGE TOP