第13回レワード杯争奪浜松地区中学校野球大会

曳馬中学校が
 2年ぶり4度目の優勝。

第13回レワード杯争奪浜松地区中学校野球大会

令和元年5月6日に開幕した『第13回レワード杯浜松地区中学校野球大会』。この大会の成績が加味され夏季大会のシード校が決定する。夏季大会でのシード、そして大会前最後のタイトルを懸けて浜松地区の44校が熱戦を繰り広げた。

大会最終日となる準決勝に駒を進めたのは、県選抜大会、全日本県大会ともにベスト4で第一シードの丸塚中学校と、県選抜大会、全日本県大会ともに準優勝で第2シードの曳馬中学校、好調の打線を武器に二度のコールド勝ちで勝ち上がってきた細江中学校、安定した投手力を武器に接戦をモノにしてきた中部中学校の4校。準決勝、決勝は5月25日に浜松球場で行われた。

準決勝第一試合は丸塚中と細江中の対戦。この試合でも細江の打線が爆発。7対2で丸塚を下し決勝進出を決めた。

続く準決勝第二試合は曳馬中と中部中の対戦。この試合では終始曳馬が試合の主導権を握り7対0で中部を一蹴。これにより決勝戦で細江と曳馬が激突することとなった。

午後1時10分、曳馬の攻撃で「プレーボール」。先頭打者がヒットで出塁するとすかさず送りバント。ワンアウトランナー2塁といきなりスコアリングポジションにランナーを進める。続く打者が四球を選びさらにチャンスが広がるが、後続が倒れ無得点に終わる。その裏の細江は好調な打撃をそのままに、積極的にファーストストライクから打ちにいく。鋭い打球を放つが曳馬守備陣の正面をつき三者凡退。2回はお互いチャンスを作れずに無得点。迎えた3回表、曳馬は打順良く一番から。先頭打者がヒットで出塁すると、内野ゴロの間に2塁へ。さらに盗塁を決めワンアウト3塁のチャンス。その後ツーアウトとなるがここで細江守備陣にミスが。エラーの間に曳馬が1点を先制。4回表にも曳馬がチャンスを作る。ワンアウトからヒットでランナーを出すと、左中間を破る三塁打で1点を追加。さらに死球でランナー1塁、3塁。ここで意表を突くセーフティースクイズ。これは細江守備陣が華麗なフィールディングを魅せ「タッチアウト」。ツーアウトとしたのもの、ランナーはそれぞれ進塁し2塁、3塁。ここでライト前へヒットが飛び出し二人が生還。この回3点を挙げ、4対0と曳馬が試合を優位に進める。4回裏、曳馬はここで左腕にピッチャー交代。先頭打者に四球を与えると、続く打者がヒットで続く。ワンアウトとなるが、続く打者が右中間へ大飛球のヒット。細江が満塁のチャンスを作る。しかしながら後続が倒れ無得点に終わる。追加点が欲しい曳馬は5回表、四球と送りバントでチャンスを作ると、続く打者の打球が三遊間を破る。2塁ランナーが果敢にホームへ。レフトから矢のような送球が返る。「アウト」。無得点に終わる。その裏の細江は、ワンアウトから右中間を破る二塁打と盗塁でランナー3塁のチャンスを作るが、ここでもあと一本が出ず無得点。6回の表の曳馬の攻撃を三者凡退で終わらせた細江はその裏、三度チャンスを作り出す。先頭打者がエラーで出塁すると振り逃げや四球などでツーアウト満塁のチャンスを作る。ここで待望のタイムリーヒットが飛び出し1点を返すことに成功。しかし反撃もここまで。試合は4対1で曳馬が勝利し、2年ぶりの優勝を果たした。

なお、夏季大会のシード校は曳馬中、丸塚中、開誠館中、浜名中、細江中、舞阪中、三ヶ日中、麁玉中が入った。

第13回レワード杯争奪浜松地区中学校野球大会

第13回レワード杯争奪浜松地区中学校野球大会

トライプラス助信・初生校

設置箇所

浜松ウイメンズオープン

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 令和2年度中体連夏季大会 男子ソフトテニスの部
    令和2年度中体連夏季大会男子ソフトテニスの部男子ソフトテニスの部で、予選リーグを突破し、決勝…
  2. 聖隷クリストファー中・高等学校
    聖隷クリストファー中・高等学校11月2日(土)から11月10日(日)までの9日間にわたり、今年度…
  3. 平成30年度 中体連夏季大会 卓球の部
    平成30年度 中体連夏季大会卓球の部男子の部では、浜松修学舎中学校がオールストレート勝ちで大…
PAGE TOP