舞阪中学校 男子バスケットボール部

リベンジを果たし、県ベスト8を目指す。

舞阪中学校 男子バスケットボール部

新人戦では、県大会まであと一歩だった舞阪中学校。チームで大切にしていることは、よく話し、コミュニケーションをとること。楽しくバスケットに打ち込み、チーム内での人間関係の構築を徹底。人数は14名と多くないが、結束力の強さで勝利を目指す。

新チームになってから取り組んできたのは、『脱ワンマンチーム』。副キャプテンの神保航太くんは、「一人がずば抜けて上手いチームです。ただ、そのエースを活かすために自分たちはできることを全力でやる。チーム全員で勝ち上がっていきたいです」と話す。

新人戦までは、県選抜にも選出されたキャプテンの鈴木弥真斗くんが圧倒的な存在感でチームを勝利に導いてきた。しかし、ワンマンチームには限界がある。中学では、マンツーマンディフェンスがルールとなっているものの、対策は講じ易い。上位に行けば行くほど、エース同士の差もなくなり、他の選手の活躍は勝敗を大きく左右する。そのため、チーム全体のレベルアップを目指した。その成果が見え始めたのが、春の協会長杯。キャプテンと副キャプテンが負傷し、本来のプレーができない中、3年生を中心に全員が奮起。西部5位での県大会出場を果たした。

キャプテンの鈴木くんは、「人数は少ないですが、個性豊かなメンバーが揃い、団結力がある。気持ちで負けず、自分たちのバスケで、県ベスト8を目指します」と話す。

これまでは、浜松地区大会や西部大会の準々決勝で二度湖東中学校に敗れ、ベスト4入りを逃してきた。夏こそは、リベンジを。まずは、地区大会での4強入りを目指す。
舞阪中学校 男子バスケットボール部

舞阪中学校 男子バスケットボール部

ジュニアアスリート浜松西

パーツボックス

焼肉ひふみ

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 空飛ぶ野球少年
    9月29日。直り具合の確認のため通院。この日の最大の目的は「野球やってもいいよ」のゴ…
  2. 中体連夏季大会ソフトボールの部
    平成30年度 中体連夏季大会[県大会]ソフトボールの部平成30年7月29日から31日の3日間…
  3. ジュニアアスリート浜松最新号
    2019中体連総括。ジュニアアスリート浜松最新号「2019中体連総括。」が、いよいよ9月27日(…
PAGE TOP