可美中学校江南中学校 野球部合同

一戦全力、全開。悔いのない最後の夏を。

可美中学校江南中学校 野球部合同

昨年までは、単独チームで大会に参加していた可美中学校と江南中学校。昨夏の大会以降、江南中の部員不足を受け、合同チームとして活動をスタートした。

江南中は、元々部員数が少なかったこと、昨年新入部員が入らなかったこともあり、昨夏の大会前から野球部の廃部が決まっていた。大会後には、在籍していた部員たちが他のクラブへ移ったり、他の競技に移ったりとそれぞれに道を模索し、自分の進む道を決めた。

そんな中、唯一最後まで野球部に残ることを決めたのが、近藤歩未さん。江南中最後の野球部員であり、チーム唯一の女子部員だ。近藤さんは、「小学生から野球を始めて、中学でも野球がやりたくて、この学校に来ました。高校で野球をやるかはわからないけど、中学までは頑張ろうと決めていたので、途中で辞めるという選択はありませんでした」と話す。

そんな彼女を受け入れてくれたのが、可美中野球部の仲間たち。

3年の立石さとしくんは、「人数も少なかったし、僕たち3年生は、中学から野球を始めました。なので、経験者の選手が増えることは戦力的にもプラスですし、一緒に戦う仲間が増えることは、素直に嬉しかったです」と話す。同じく3年の辻岡樹輝くんは、「3年間の集大成として、全力でプレーしたいです。そして、この一年間一緒に戦ってきた仲間たちと笑って終われるよう、悔いのない夏にしたいです」と話した。

一年限りの合同チーム。チームの合言葉は、『一戦全力、全開』。笑顔で夏を終えるために、最後まで全力で突っ走る。

可美中学校江南中学校 野球部合同

可美中学校江南中学校 野球部合同

ジュニアアスリートプラス最新号

女子プロ野球電子チケット

カンファータ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 平成30年度パナホームカップ西部支部大会
    平成30年度パナホームカップ西部支部大会平成30年11月4日に行われた『平成30年度パナホー…
  2. 曳馬中学校 男子バレーボール部
    曳馬中学校 男子バレーボール部新人戦浜松地区大会でベスト4、西部大会では準優勝を果たした曳馬中学…
  3. ブルテリア格闘技ジム
    ブルテリア格闘技ジム“ブラジリアン柔術”。聞き覚えのある人も多いだろうが、実際に経験した…
PAGE TOP