雄踏中学校 剣道部

昨年果たせなかった東海ベスト8を目指す。

雄踏中学校 剣道部

男子5名、女子20名の25名で活動している雄踏中学校剣道部。チームのモットーは、『正剣』。正しい剣道を求め、精進しながら剣道を通して人としてまっすぐ成長していくことを目指す。中学から剣道を始めた選手が多いため、練習では基礎基本を徹底。一つひとつ丁寧に修練することで、技を増やし、技に磨きを掛ける。その成果もあり、女子は目覚ましい活躍を見せている。

新人戦では、浜松地区大会でベスト4進出を果たし、県大会である羽賀杯への出場を果たした。しかし、西部新人では、ベスト16で敗れ、富士のさと剣道大会への出場を逃すこととなる。この敗戦が、選手たちにとって大きな転機となった。この悔しさをバネに、一層稽古に励み、湖西大会や県選抜大会では優勝を飾り、夏季大会へ向けて上々の仕上がりを見せている。

キャプテンの鈴木来実さんは、「湖西大会は、連覇が懸かっていてプレッシャーもある中で、優勝できたことは大きかったと思います。それぞれの個性をひとつにして、東海大会でのベスト8以上を目指します」と話す。

一方の男子は、女子とは違い少人数の中で大会を戦ってきた。部員はわずか5名。団体戦メンバーぎりぎりの人数だ。

キャプテンの吉田善人くんは、「チームが勝つには、一人ひとりが勝てなくてはいけない。人数が少ないので、代えが利きません。しっかりとコンディションを整えて、全員で県大会に行きたいです」と話す。

夏季大会は、もう目前。それぞれの目標を目指し、全力で最後の夏に挑む。
雄踏中学校 剣道部

雄踏中学校 剣道部ジュニアアスリート浜松西

aun'sなかじま鍼灸整骨院

アクティベイトジム

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 藤井接骨院
    スポーツをしていれば、膝が痛い、肩が痛い、腰が痛いなど、痛みを感じることも少なくないと思います。…
  2. スポーツ障害に負けない身体を手に入れよう。
    運動をしている小学生に多くみられる「踵(かかと)の痛み」。皆さんの周りにも「成長痛で踵が痛い」という…
  3. 聖隷クリストファー中・高等学校
    聖隷クリストファー中・高等学校前回に続き、在校生からのメッセージを皆さんにお伝えします。「今…
PAGE TOP