編集長のひとりごと

成長の定義。

いよいよ春がやってきた。高校受験、大学受験も終わり、それぞれの進路も決まったことだろう。希望する学校に行けた子もいれば、そうでない子もいるだろうが、大切なことは、「どこに行くかではなく、何をするか」だ。自分が与えられた環境の中で、目標を明確に持ち、それに向かって一日一日をしっかりと過ごす。この取り組みこそがその後の人生を左右すると確信している。本当の勝負はこれからだ。高校の3年間、大学の4年間はあっという間。「明日死ぬと思って生きよ、永遠に生きると思って学べ」とはガンジーの言葉だが、一日を充実させてほしいし、学ぶことを止めないでほしい。我々大人も肝に銘じたい。

さて、現役の選手たち、特に新3年生は充実した冬を過ごせただろうか。秋に結果がでなかったとしても、冬の過ごし方でその後の結果が大きく変わることは多々ある。もちろんその逆もしかり。これからは大会が続き、気付けば“最後の夏”となる。いい冬を過ごせたチームは次のステップへと進むことになるだろうが、いい冬を過ごせなかったチームにとって、これからの時間は「再度鍛え直す時間」となる。何気なく過ごせば夏はすぐにやってくるが、一日一日を大切に過ごせば、時間はまだ充分にある。さらに、やり方、考え方を工夫すれば、劇的な成長を遂げることもあるだろう。

先日、目が留まった記事に「現場が営業マンを育てる、というウソ」というものがあった。新人営業マンは、基本的に、簡単な研修後、すぐに現場に出る。飛び込み営業を繰り返し、さまざまな現場を通して営業マンとしてのスキルが身に付く、という考え方、やり方が一般的。自身もそういう手法で営業マンになった。しかし、その記事では、「そのやり方では成長しない」と言っている。そのやり方は幻想だと。その記事によれば、成長の定義とは「今までできなかったことが、できるようになること」であるという。そして、そのためには3つの作業に取り組まなければならないらしい。1つ目は「記憶作業」。自社の商品知識にくわえ、競合先の商品知識、営業先の会社に関する知識、上司の営業ノウハウなどを覚えることがそれにあたる。この知識量が営業能力に差が付く最大の要因となる。2つ目は「経験作業」。人工知能と違い、人間はどんどん忘れる。覚えた知識を使い込む経験を継続することが必要となる。そして3つ目は「応用作業」。営業において、覚えた知識がそのまま使えるケースはまずない。状況に応じて返答を使い分ける必要がある。この作業を繰り返すことで人は成長するのだという。

「なるほど」と柏手を打ちたくなる気持ちになった。これを部活に置き換えてみたらどうだろう。得点シーンや失点シーンを調べれば、きっと傾向が出るはず。それをデータ化してチームで共有する。これが「記憶作業」。それを日々の練習で確認しながら繰り返すことが「経験作業」。それを週末の練習試合などで試す。これが「応用作業」となる。当然、応用作業の中では新たな課題が見つかる。それを新たな記憶作業として分析する。これを繰り返していけば、大きな成長がきっと見込める。もちろん、個々の技術アップや、勉強などもこの方法で大きく成長できるはずだ。部活の取り組みと社会での取り組みは連動している。一日一日を大切に過ごすことで、みんなが頑張っている部活は、後に大きな大きな財産になる。

発行情報

浜松英会話アカデミー

アスラスポーツ接骨院

ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 開成中学校サッカー部
    開成中学校サッカー部コンパクトに保たれた陣形と、素早いプレッシングで、攻守一体のサッカーを掲…
  2. 入野中学校水泳部
    入野中学校水泳部新人戦浜松地区大会において男子総合優勝に輝いた入野中学校。リレーでは、フ…
  3. スポーツ障害に負けない身体を手に入れよう。
    まず、私たちが体幹として考えているのは「肩甲骨から肋骨、お腹から骨盤」を含めた大きな範囲の体の胴体部…
PAGE TOP