第48回ブルーウイング・ホンダカップ

聖隷JFCが個人技を
 活かして優勝。

第48回ブルーウイング・ホンダカップ

平成30年9月から予選が行われた『第48回ブルーウイング・ホンダカップ』。12月9日には準決勝2試合と決勝戦、3位決定戦が、ホンダ都田サッカー場にて行われた。

決勝に進んだのは、高い個人技を武器に戦う聖隷JFCと、組織力で勝ち上がってきたオイスカFCの2チーム。

試合開始早々、いきなり試合が動く。聖隷が左サイド深くまでドリブルで切り込むと強烈なシュート。オイスカキーパーがなんとか弾くも、ゴール前に詰めていた聖隷がヘディングで合わせ1点を先制。その2分後、ゴール正面でボールを受けた聖隷エースが左足一閃。強烈なシュートがネットを揺らし追加点。前線から激しいプレスを掛ける聖隷は、その後も追加点を挙げ3対0とリードを広げる。防戦一方だったオイスカだが、前半7分にこの試合初のシュート。キーパーにキャッチされたものの、ゆっくりとペースを取り戻す。前半11分、オイスカは右サイドへ展開すると、細かいパス回しで聖隷ディフェンスを翻弄。最後はゴール前でフリーになった選手がボールを流し込み、1点を返して前半を終えた。

後半開始早々、左コーナーキックのチャンスを迎えた聖隷は鋭いボールをゴール前に送る。するとこれが聖隷の選手の頭にピタリと合い「ゴール」。4対1とした。オイスカは細かいパス回しで聖隷ゴールに迫るが、聖隷ゴールキーパーの好守に合い、なかなかゴールを奪えない。ここからはお互いに特徴を活かして相手ゴールへと迫るが、ともにディフェンスが踏ん張り、このまま「タイムアップ」。試合は4対1で聖隷がオイスカを下し、13年ぶり4度目の優勝を果たした。

第48回ブルーウイング・ホンダカップ

第48回ブルーウイング・ホンダカップ

聖隷クリストファー中・高等学校

発行情報

フェスモーチェ浜松

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 浜松スピードスケートクラブ
    浜松スピードスケートクラブウィンタースポーツと言えば、北海道や東北、北信越など、豪雪地域で行われ…
  2. 編集長のひとりごと
    「いま、部活動が危ない!」らしい。危ないと言っても危険と言う意味ではない。“存続”と言う意味でだ。…
  3. 伊熊 扇李 とびうおジュニアダイビングクラブ
    伊熊 扇李 とびうおジュニアダイビングクラブ伊熊扇李くん(新津小学校6年生)は、小学生の全国大会…
PAGE TOP