萩丘合同ソフトボール

積極的な取り組みが
 より楽しさを引き出す。

萩丘合同
ソフトボール

『萩丘合同ソフトボール』は、萩丘小学校区(萩丘・幸・小豆餅)子供会公認の合同ソフトボールチーム。現在は、4人の6年生を中心に男女合わせて10名が所属する。

「楽しむ」ことをモットーに、打つ、捕る、投げる、走ることの基本を中心に練習に励む。「チームワーク」を重視するのも同チームの特徴で、相手に対する思いやりや協調性を伸ばし、負けた時の悔しさや勝った時の嬉しさをチーム全員で共有できるようなチーム作りを目指している。

「ソフトボールを楽しんでほしいですね」と話すのは大西監督。
「スポーツは本来楽しむもの。さまざまなことに自発的に取り組むことできっと楽しくなる。やらされるのではなく、自らがやる。そうすることでより一層、楽しさが増すと思います。楽しければきっと続けてくれる。中学、高校、そしてその先と、生涯、ソフトボールや野球を続けてくれる子供が増えてほしい。団体スポーツであるソフトボールや野球から、子供たちが学ぶことはたくさんありますから」

取材に訪れたこの日、6年生がノッカーを買ってでた。「声が出てるヤツの所に打つからな」と言うと、チームは一気に活気づき、笑顔に包まれた。

6年生は12月中旬に行われる『6年生大会』をもって、チームを去ることになる。チームワークの大切さを知り、楽しむことの重要性を知った彼らがこの先どんな道を歩むのか。その答えが分かるのはもう少し先。ただ、楽しむ彼らの周りが笑顔で溢れている光景は想像できる。

萩丘合同ソフトボール

カンファータ

グランデフットサルパーク浜松

パーツボックス

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 中体連男子バスケットボール県大会は浜松学院中学校が優勝7月26日より開幕した中体連男子バスケット…
  2. 川嶋陸
    川嶋陸 浜松開誠館中学校陸上部新人戦県大会において100mと200mで優勝。100mでは…
  3. 編集長のひとりごと
    「いま、部活動が危ない!」らしい。危ないと言っても危険と言う意味ではない。“存続”と言う意味でだ。…
PAGE TOP