平成30年度 中体連夏季大会 野球の部

積志中学校が
 中部日本選抜へ。

平成30年度 中体連夏季大会
野球の部

平成30年6月30日。雨天順延のため、1週間遅れで開幕した今年の夏季大会。
翌7月1日に初戦を迎え、北浜東部中学校と対戦。ここを6対2で勝利し、順調な滑り出しを見せると、続く北浜中学校(4対2)、浜名中学校(5対4)とシード校を倒した2校に競り勝ち、ベスト4に進出。

「今まで県大会に出られていなかったので、浜名中との一戦は印象深いですね。試合展開も接戦で何度もピンチがありました。勝てた時は嬉しかったです」と中里颯くんは話した。

準決勝では、これまで2度敗れている開成中学校を10対0のコールドで下し決勝に進出。「開成中にコールド勝ちできたことはとても自信になりました」と山下新太くんが話すように、この一戦が大きな自信を植え付けた。

2年ぶりとなる県大会では、初戦の清水第四・第五中学校合同(11対1)、続く門野中学校(2対1)を下し、ベスト8に進出。

準々決勝では、入野中学校と対戦。初回に2点を奪い先制するも、その裏に1点を返される。しかし、その後は、粘り強く守り抜き2対1で勝利。準決勝で東海大翔洋中学校に敗れるも、3位決定戦で常葉大橘中学校を3対2で下し、『中部日本地区選抜中学校軟式野球大会』への出場を果たした。

馬場虎太郎くんは、「自分は試合には出ていませんが、選手たちが入野中、常葉大橘中に勝てた時は、本当に嬉しかった。チームメイトを誇りに思います」と話した。

監督の坂田先生に話を聞くと、「今年は、大会直前までチグハグしていて手応えがあまりないまま夏を迎えました。苦しい試合展開でもピッチャーはよく我慢してくれたし、戦っていく中で打撃の調子も上がってきて、サインプレーでのミスもなくなりました。大会の中で成長していけたことが良かったと思います」と話す。

大会を終え、3年生にチームのことを聞くと、皆口々に「チーム一丸」や「チーム愛」という言葉を口にした。試合に出られる選手は限られている。その中で出られない選手たちがチームのために何ができるのか。

「自分もそうでしたが、後輩たちにも、試合に出られなくても、声を出すなど、チームのために戦える選手になってほしい」と山口大亮くんは話す。

野球を通して多くのことを学び、今大会での成功体験を経て、彼らは人として大きく成長したに違いない。
次のステージでもその気持ちを忘れることなく、さらなる成長を遂げると確信している。

平成30年度 中体連夏季大会 野球の部

平成30年度 中体連夏季大会 野球の部

カンファータ

浜松英会話アカデミー

はまっと接骨院

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. AOI PHOENIXミニバスケットボールスポーツ少年団
    AOI PHOENIXミニバスケットボールスポーツ少年団平成18年に結成された『AOI PH…
  2. 編集長のひとりごと
    中学三年生にとって“最後の夏”が終わって一ヶ月以上が経つ。子供たちは受験モードに突入している…
  3. 令和元年度浜松地区中学校 夏季大会[サッカー]
    令和元年度浜松地区中学校夏季大会[サッカー]例年以上に力の差が少なく、どこが勝ってもおかしく…
PAGE TOP