平成30年度 中体連夏季大会 女子バスケットボールの部

5年連続での
 東海大会出場ならず。

平成30年度 中体連夏季大会
女子バスケットボールの部

女子の部では、浜松開誠館中学校と新居中学校、南部中学校、西遠女子学園中学校のシード校が順当に勝ち上がりベスト4へと進出。

準決勝では、開誠館中が南部中を73対39で、西遠女子中が新居中を82対46でそれぞれ下し、決勝へと駒を進めた。決勝戦は、開誠館中が64対46で西遠女子中に勝利。新人戦に続き、浜松地区大会での優勝を果たした。
県大会へは、この4校のほか、曳馬中学校、浜松学院中学校、北部中学校の3校が進出した。

上位2校に東海大会への切符が与えられる県大会。
浜松地区からは、4年連続で出場権を獲得する中学校が出ている競技。

その県大会では、浜松地区の7校全てが初戦を突破する幸先の良いスタートを切ると、開誠館中、西遠女子中、南部中の3校は、2回戦でも勝利を収め、ベスト8に進出。

4年ぶりの東海大会を目指す西遠女子中は、準々決勝で常葉大常葉中学校と対戦。最後まで粘り強く戦うも、62対68とあと一歩及ばずに敗退。

昨年、県大会を制し、連覇を目指す開誠館中は、準々決勝で、南部中と対戦。58対39で浜松対決を制し、ベスト4進出を果たした。

東海大会出場を懸けた準決勝では、藤枝順心中学校と対戦。試合は互いに譲らぬ一進一退の攻防。最後までどちらに転ぶか分からない好ゲームとなったが、開誠館中はあと一歩及ばず、60対64で惜敗。
2年連続での東海出場を逃すとともに、浜松勢の連続東海大会出場記録は“4”で止まった。

平成30年度 中体連夏季大会 女子バスケットボールの部

平成30年度 中体連夏季大会 女子バスケットボールの部

すたみな太郎

浜松英会話アカデミー

アクティブジム

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. しつもんメンタルトレーニング
    レッスン3 言葉を考える日常、皆さんはどのような言葉を使っているでしょうか?そして、その言葉…
  2. 芳川北ワイルドキャッツ
    平成27年度パナホーム静岡カップ争奪ミニバスケットボール選手権西部支部大会平成27年11月1…
  3. 浜松地区新人戦野球の部
    新たな一年の始まり平成28年度浜松地区新人戦野球の部の組み合わせが決まった。シードに入っ…
PAGE TOP