アクティベイトジム

爆発的に速く走るための
 正しいモモ上げの行い方。

スポーツ選手であれば、誰しも速く走りたいと考えていると思います。
速く走るためや、体をうまく使う練習としてよく行われる中に「モモ上げ」という運動があります。私自身も選手たちを指導する時にモモ上げを行います。ただ、体が後ろに仰け反ったり、体が前に倒れ猫背になったりと間違った方法で行われており、正しくモモ上げができる選手は約半分ぐらいです。今回は「爆発的に速く走るための正しいモモ上げの行い方、考え方」を説明します。

質問をします。
なぜ、モモ上げをするのでしょうか?

これがわかれば正しい方法がわかると思います。

答えは、正しく、強く、短時間で地面を蹴るためです。

ポイントは「短時間で地面を蹴る!」です。

地面を蹴ると、床反力といって、蹴った力に対して地面が反発し跳ね返ってきます。この床反力があるから走れるのです。(砂浜で走りにくいのは反力が弱いため)うまくモモ上げができていない選手は、モモ上げという名前のため一生懸命モモを高く上げることに集中して、蹴ることに集中できていません。単純にモモ上げを行う理由があまり説明されておらず、知らないだけなのです。

では、どうすれば正しくできるのでしょうか?
それは考え方次第で簡単に治せます。

モモ上げは片足ずつ地面を蹴ります。

片足では難易度が高いので両脚で地面を蹴ってみましょう。
いわゆるなわとびのようなつま先ジャンプ(ポゴジャンポ)です。

では実際に行ってみてください。このポゴジャンプで猫背になったり、後ろに仰け反ったりする選手はいません。ポイントは「ポゴジャンプの蹴り方とモモ上げの蹴り方は変わらない」ということです。この二つを頭の中で別物と考えてしまってはいけないのです。ポゴジャンプで両脚で跳ねる感じがつかめれば、それを片足で交互に行います。これが正しく地面を蹴って速く走るためのモモ上げとなっていきます。
爆発的に速く動く練習としてモモ上げは良い運動です。正しくできるようになりましょう。

文章では書ききれないことがあるため、もっと詳しくしりたい方は「ACTIVATE GYM」の動画を確認してみてください。ホームページからも確認できます。

アクティブジム

アクティブジム

アクティブジム

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 平成30年度 中体連夏季大会 男子バスケットボールの部
    平成30年度 中体連夏季大会男子バスケットボールの部男子の部の浜松地区大会では、シード校が順…
  2. 浜松ガッツ少年野球団
    浜松ガッツ少年野球団昭和55年に結成され、今年で37年目を迎える『浜松ガッツ少年野球団』。萩…
  3. 平成30年度 中体連夏季大会 女子バスケットボールの部
    平成30年度 中体連夏季大会女子バスケットボールの部女子の部では、浜松開誠館中学校と新居中学…
PAGE TOP