第1回 中部中学校・浜松開誠館中学校 野球定期戦

中学3年生にとって
 最後の試合。

第1回 中部中学校・浜松開誠館中学校 野球定期戦

中体連県大会の決勝戦が行われた平成30年7月30日。浜松球場にて、もうひとつの戦い『第1回 中部中学校・浜松開誠館中学校野球定期戦』が開催された。

これまではそれぞれのチームごとに『3年生お別れ試合』を行っていたが、「最後は夏季大会に出場できなかった3年生をメインに試合をやりたい」という3年生の声を反映し、浜松球場を確保して行われた。公立・私立の違いはあれども、ともに松城町にある中学校。小学校から顔見知りの選手が多く、同じソフトボールチームに所属していた選手もいる。定期戦のサブタイトルは『浜松城シリーズ』だ。

実はこの両チーム、夏季市内大会の2回戦で対戦しており、接戦の末、開誠館中が6対4で中部中を下し、そのままの勢いで開誠館中は県大会へ出場した。

この日は、父兄が最後の雄姿を見届けられるよう、18時半プレイボール。夏季大会に出場できなかった3年生がスタメンに名を連ねた。試合は9対5で開誠館中が勝利した。

試合後には個人賞の発表も行われ、最優秀選手には山田竜也くん(開誠館中)が、優秀選手には加藤大聖くん(中部中)が、敢闘賞には柴 政くん(開誠館中)と山下周人くん(中部中)が選ばれた。

野球である限り勝敗はつく。しかしこの日は、勝敗以外に大切なモノに触れた。

ひとつは、真剣な中にも楽しそうにプレーする子供たちの表情。ダブルプレーやホームのクロスプレーなど、キラリと光るプレーを多く見ることができた。これは、積み上げてきた練習の成果に他ならない。

もうひとつは、親御さんの懸命な応援。敵味方関係なく、好プレーに歓声を挙げ、子供たちに笑顔を送り続けた。これは、選手全員に愛情を注いできた証でもある。

今回主催の中部中野球部、櫻井父母会長兼外部コーチは、「球場にいた全員が、夏季大会に出られなかった3年生へ感謝する気持ちで溢れていて感動しました。両チームの選手、指導者、父母会は最高です」と労をねぎらった。

高校でも野球を続ける子もいるが、中学で野球を辞める子もいる。
その子たちにとって、この日はどういう日だっただろうか。

中学ではほとんど聞かない定期戦。
開催を工面した指導者や父母会、そしてこの日プレーした子たちにとって、最高の日になったのであれば、この上ない。
なお、第2回は開誠館中が主催で行われる予定。

第1回 中部中学校・浜松開誠館中学校 野球定期戦

写真展

一番プリント

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 浜松学院中学校
    東海制覇を果たし、いざ全国へ8月8日から愛知県の東海市民体育館で行われた中体連男子バスケットボー…
  2. 第5回聖隷クリストファーカップ中学校女子ソフトボール大会
    第5回聖隷クリストファーカップ中学校女子ソフトボール大会平成27年1月31日に、『第5回聖隷クリ…
  3. 第34回 全日本少年野球大会 浜松ブロック大会
    第34回 全日本少年野球大会浜松ブロック大会平成29年3月11日と18日、19日の三日間にわ…
PAGE TOP