台湾遠征親善試合

浜松選抜
 台湾遠征レポート。

第28回国際親善中学野球
浜松選抜台湾遠征

平成30年8月18日から行われた『台湾遠征親善試合』。

浜松選抜Tチームは大理國中学校と対戦。
先攻のTチームは初回、浦山(浜北北部中)のヒットを足掛かりに満塁のチャンスを作ると、松野(浜北北部中)がヒットを放ち、幸先良く2点を先制。その後もTチームは小刻みに得点を重ね、4回が終わって7対3とリード。6回には森(可美中)のタイムリーヒットなどで3点を挙げ駄目押し。10対3で初戦を飾った。

続く2試合目は、光明國中学校と対戦。
初回に1点を先制されたものの、2回表に三連打ですぐさま逆転に成功。投げては先発の森川(丸塚中)が、伸びのあるストレートを武器に光明國中を翻弄。2回以降、相手を無失点に抑える。しかし疲れが見え始めた6回裏、タイムリーヒットを打たれ同点に追いつかれると、2対2のまま「ゲームセット」。2試合目は引き分けとなった。

翌日は、長安國中学校と対戦。
夏季大会優勝バッテリー「松野・鈴木(ともに浜北北部中)」で臨んだ第3戦。
3回に1点を奪われたものの、きっちりと試合を作る。2対1でリードして終盤を迎えたものの、6回表に逆転され、3対4で敗戦。初黒星となった。

最終戦となる4試合目の相手は新泰國中学校。
初回に先制を許すも、その後は先発の山田竜(開誠館中)が試合を作り、二番手の森(可美中)へスイッチ。森は2回4奪三振という圧巻のピッチングで流れを引き込む。すると6回、主将の山田遥(高台中)がバントヒットでチーム初安打を記録すると、その後は打線が爆発し、終盤の大逆転で7対1とTチームが勝利。

2勝1敗1分という結果で台湾遠征を終えた。

一方のHチームは初日、長安國中と対戦。
試合は、3回にHチームが3点を先制するも、その裏にすぐさま追いつかれ同点のまま終盤へ。6回表に1点を勝ち越すと、7回には野田(北部中)の二塁打を足掛かりに2点を追加。最終回に1点を返されるも、先発の鈴木(中郡中)は最後まで粘り強いピッチングを見せ、見事完投勝利。初戦をモノにした。

続く2試合目は新泰國中と対戦。
この試合ではHチームの打線が爆発。初回表、辻村(入野中)と天野(中郡中)の連続ヒットで先制すると、相手のミスも重なり、いきなり3点を奪う。攻撃の手を緩めないHチームは、2回に1点、3回に2点、4回に3点と序盤で試合を決める。投げては小刻みな投手リレーで相手を1点に抑え、10対1で勝利。
開幕連勝となった。

二日目の第1試合は大理國中と対戦。
初回に2点を先制されたが、その裏には對馬(開成中)のタイムリー、2回裏には馬塚(中郡中)のタイムリーで同点に追いつくことに成功。しかし、この日は投手陣が踏ん張りきれず、3回、4回に追加点を奪われ、2対5で敗戦。
残塁も多く、課題の残る試合となった。

最終戦となる第4試合の相手は光明國中。
初回に1点を先制して迎えた3回、Hチーム打線が爆発する。ワンアウトから伊藤(中郡中)がヒットで出塁すると、花井(天竜中)、山元(開成中)、植田弘(雄踏中)、竹田(北浜中)、森口(入野中)のヒットで5点を追加。6対0と試合の主導権を握る。その後は光明國中の猛攻にあうが、投手陣が何とか踏ん張り6対5で勝利。Hチームは3勝1敗という結果だった。

この遠征に選ばれた40名は、大きな自信を得たことだろう。

しかしこれは、この先のためのステップ。
高校野球で一層輝いてほしい。

台湾遠征親善試合
台湾遠征親善試合

台湾遠征親善試合
台湾遠征親善試合

浜松英会話アカデミー

カンファータ

すたみな太郎

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. スリークフットサルクラブ
    スリークフットサルクラブサッカーの大会に参加している少年団やクラブが、フットサルの大会にも参加す…
  2. 伊熊 扇李 とびうおジュニアダイビングクラブ
    伊熊 扇李 とびうおジュニアダイビングクラブ伊熊扇李くん(新津小学校6年生)は、小学生の全国大会…
  3. 編集長のひとりごと
    中学では、新人戦地区大会が終わり、本誌発行時点では、多くの競技で西部大会が行われている。地区大会を見…
PAGE TOP