聖隷クリストファー中・高等学校

多くの人との交流が、子供たちを成長させる

聖隷クリストファー中・高等学校

今回は、本校の学校行事について、ご紹介します。

学校行事には、聖隷祭(文化祭:6月)や体育大会(四ツ池競技場:9月)、クリスマス礼拝(12月)など、中学と高校を合わせた全校で行う行事に加え、中学のみで行う行事も多数あります。

今回は、多くの行事の中から、中学のみで行う行事を中心にご紹介します。

行事は、大きく分けると、生徒会行事、国際交流行事、キリスト教行事に分けることができます。

聖隷クリストファー中・高等学校まず、生徒会行事。毎年5月初旬に、「交流遠足」が生徒会の企画・運営で行われます。例年、中学1年生~中学3年生が混合したグループを作り、おしゃべりをしながら、時に励ましあいながら10km程度の道のりを歩いて目的地を目指す、本当の「遠足」です。今年度は、本校からフルーツパークまで歩きました。フルーツパーク到着後も、グループ対抗のレクリエーションを行い、楽しい時を過ごしました。歩くのはとても大変ですが、中学に入学したばかりの1年生にとっては、先輩達と気軽に話をし、知り合う良いきっかけになっています。この時のグループで、9月の体育大会で毎年中学生が披露する「ソーラン節」の練習もします。その後も、中学3年生の最後の学校行事である「クリーン作戦」と「スポーツ大会」が行われる年度末まで数回、一緒にお昼を食べるなど、一年をかけて交流を深めることができます。その他にも、「収穫感謝祭」や「クリスマス祝会」、「百人一首大会」、「球技大会」などを生徒会が企画し、運営します。本校も創立10年目を迎え、生徒会活動が充実してきました。

聖隷クリストファー中・高等学校次に、国際交流行事。例年11月に、栃木県にある「アジア学院(ARI)」の皆さんとの交流会があります。アジア学院は、「1973年の創立以来アジア、アフリカ、太平洋諸国の農村地域から、その土地に根を張り、その土地の人々と共に働く“草の根”の農村指導者(Rural Leader)を学生として招き、栃木県西那須野のキャンパスにて、国籍、宗教、民族、習慣、価値観等の違いを認めつつ、公正で平和な社会実現のために、実践的な学びを行っている学校です。(HPより抜粋)」アジア学院で学んでいるのは、成人の方々。中には本校生徒達の親世代の方もいらっしゃいます。アジア学院との交流会は、例年中学3年生がニュージーランド研修に出かけている期間中のため、普段なにかと頼りにしている3年生が不在の中、中学2年生と中学1年生が張り切って取り組む行事となっています。グループごとにゲームや折り紙、出し物を用意して、アジア学院の方たちと交流をします。お互いに英語は第二言語ですが、ジェスチャーも交えて、毎年楽しく充実した交流会をしています。交流会の前には、グループでお迎えする方の出身国について調べたり、また名前を漢字に直してプレゼント用の色紙を製作したりしています。

聖隷クリストファー中・高等学校最後に、キリスト教行事をご紹介します。中学・高校と合同で行うものとしては、例年6月に行う「花の日礼拝」があります。在校生が各自1本ずつ花を持ち寄り、いっぱいの花の中で朝の礼拝を行います。その後、聖書の授業で花束にまとめ、放課後には宗教委員が、普段お世話になっている方々に花束をお届けします。近隣の施設の皆さん、バスの運転手さん、地域の消防署など、毎年40箇所ほどに感謝を込めてお渡ししています。中学校独自のキリスト教行事としては、生徒がいつも楽しみにしている「収穫感謝祭」があります。前回の記事の中でご紹介した通り、本校では「労作」の授業で、サツマイモを育てています。みんなで土を耕し、植え付け、草を取り、水をやって一生懸命育てたサツマイモを収穫し、収穫感謝祭では野外炊爨(すいさん)で調理して、食べ物を得られることに感謝をしながらいただきます。サツマイモを使って、豚汁やカレー、そしてお菓子を作り、他のグループや学年とも分け合い、交換して、みんなでおなかいっぱいになる行事です。

聖隷クリストファー中・高等学校そんな行事の中でも、12月の「クリスマス礼拝」は本校がもっとも大切にしている行事の一つです。クリスマスの4週前には毎年ツリーが届き、宗教委員を中心に、ツリーの飾りを手作りし、クリスマスツリーを飾り付けます。また、各クラスではクランツ(リースのようなもの)を作り、毎朝ロウソクに火を灯してクリスマスを待ちます。礼拝当日は、聖歌隊やハンドベル部が演奏をする中で中・高の生徒会が降誕劇を演じます。夕方からは、キャロリングで周辺の諸施設を訪問し、讃美歌をお届けします。クリスマスも、中・高全体のクリスマス礼拝を前に、中学生だけで「クリスマス祝会」を行っています。生徒会執行部と宗教委員が中心となり、毎年趣向を凝らして行います。2017年度には、初めて「クリスマス・キャロル」の劇にも挑戦し、大成功となりました。

本校には、本校にしかない学校行事が多くあります。特にクリスマスは、みなさんにも見ていただきたい!12月には小学生・中学生対象のイベントもありますので、クリスマスツリーを見に、是非ご来校ください。

次回は、各学年での行事、特に中学3年生11月に行われます、ニュージーランド研修についてご紹介したいと思います。

聖隷クリストファー中・高等学校




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 浜松ジャガーズ
    浜松ジャガーズ『全日本学童軟式野球大会』の浜松支部予選での優勝を皮切りに、『しずぎんカップ』…
  2. 中学校夏季総合体育大会 バレーボール競技の部(男子) 県大会
    中学校夏季総合体育大会バレーボール競技の部(男子)県大会平成29年7月26日から三日間に…
  3. 産経新聞社講演会
    世界で通用するアスリートの育て方。~松山英樹・石川遼・宮里藍の事例から~講師/戸張 捷 氏…
PAGE TOP