二俣少年野球クラブ

試合中の
 元気では負けない。

二俣少年野球クラブ

かつては野球どころとして知られ、5つもの少年野球チームがあった二俣地区。団員の減少を理由に、昭和61年に『二俣少年野球クラブ』の1チームに統合されて32年が経過した。

現在では、天竜区の小学生18名が所属している。土曜・日曜日は一日練習が行われ、水曜日はナイター練習。6名いるコーチが丁寧に基礎技術を教える。

西村監督に話を聞いた。
「伝統的に挨拶が良くできるチームです。練習中でも、通りすがりの近隣の方に挨拶をしています。もう少し練習に集中してほしいですが(笑)。その挨拶は先輩たちを見て、彼ら自らが行っていること。嬉しく思いますし、誇らしくもあります。チームとしては、『試合で負けても、試合中の元気では負けない』をモットーにしています。失敗しても下を向かずに、前向きに進める子になってもらいたいと思っていますし、自主的に行動できる子になってほしいです。OBが気軽に来てくれ、練習を手伝ってくれたりするのもこのチームの良さかもしれません」

8月に夏合宿を行うほか、元旦マラソンや節分など、野球以外の学びの場を提供しているのも同チームの特徴と言える。

キャプテンの古山瑛翔くんは、「チームみんな元気がいい。元気があるから仲が良い。チームワークはとても良いと思います。野球はひとりでやっていても楽しくない。みんなと、チームでやるから楽しい。今の目標は県大会出場です」

楽しんで取り組むから上達する。
本来の少年野球の姿がここにはある。

二俣少年野球クラブ

二俣少年野球クラブ

聖隷クリストファー中・高等学校

藤井接骨院

デジタルパンフ




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 北星中学校太鼓部
    北星中学校太鼓部『北星太鼓』の愛称で知られる北星中学校太鼓部。同好会ではなく、部活として活動…
  2. 平成28年度中学校総合体育大会
    平成28年度中学校総合体育大会大会2日目、いきなり波乱が起こる。県大会で常に上位に進出し…
  3. しつもんメンタルトレーニング
    レッスン8保護者の在り方についてジュニアアスリートの「編集長のひとりごと」は、皆さんお読みで…
PAGE TOP