第43回選抜少年野球三ヶ日大会

三ヶ日決戦を
 Jr.ファイターズが制す。

第43回
選抜少年野球三ヶ日大会

平成30年4月28日から30日までの3日間にわたって、『第43回選抜少年野球三ヶ日大会』が、三ヶ日運動場をメイン会場に開催された。大会には、さまざまな支部から選抜された32チームが参加し、トーナメント方式で優勝を争った。

準決勝に進出したのは、三ヶ日ジュニアファイターズ野球スポーツ少年団(浜名湖支部)と浜名ヤンキース(浜北支部)、三ヶ日フレンズ野球スポーツ少年団(浜名湖支部)、小笠東イーグルス少年団(菊川支部)の4チーム。準決勝第一試合は、ジュニアファイターズが11対2でヤンキースを下し決勝進出。
準決勝第二試合は、フレンズが小笠東を11対0で下し決勝へと駒を進めた。

決勝戦のカードは、三ヶ日ジュニアファイターズと三ヶ日フレンズ。
大会史上初と思われる“三ヶ日決戦”となった。

『しずぎんカップ』で県大会出場のジュニアファイターズに対し、フレンズは『全日本学童』で県大会出場。今大会だけで見ると、ジュニアファイターズは50得点で失点は8、フレンズは71得点で失点は2と、ともに圧倒的な強さを見せつけての勝ち上がりとなった。

両チームとも準決勝でエースが登板しているため、決勝戦は2番手投手が先発した。

試合は、ジュニアファイターズの攻撃で「プレイボール」。
ワンアウトからヒットで出塁したものの、後続が倒れ無得点で初回の攻撃を終える。一方のフレンズは、ワンアウトから2番の俊足キャプテンがセーフティーバントで出塁すると、盗塁で2塁へ、内野ゴロの間に3塁へ進み、ワイルドピッチで「ホームイン」。

フレンズが足で1点を先制した。

2回はお互い三者凡退。3回表、ジュニアファイターズは先頭打者がヒットで出塁するも、盗塁失敗でチャンスの目を潰す。その裏のフレンズは、ワンアウトから四球で出塁すると盗塁を試みるが、キャッチャーから2塁へ矢のようなボールが送られ「タッチアウト」。

両チームの好守が光る、決勝戦に相応しい好ゲームとなった。

しかし4回、試合は大きく動く。
ジュニアファイターズは、先頭打者が四球を選ぶとすかさず盗塁。内野ゴロの間に3塁に進むと、センター前ヒットで同点に追いついた。
これに気落ちしたのか、フレンズはエラーが重なり、ツーアウト満塁のピンチ。次の打者を内野ゴロに打ち取ったが、ファーストへの送球がずれ「セーフ」。勝ち越しを許すと、その後はホームランなどで、ジュニアファイターズが7点を奪い大逆転、7対1となった。

大会初優勝に燃えるフレンズは5回裏、先頭打者がヒットで出塁すると、四球などでワンアウト満塁のチャンスを作り出す。変わったピッチャーも攻め立て、この回4点を挙げ、7対5と2点差まで詰め寄った。

しかし6回表、ジュニアファイターズにツーランホームランが飛び出し2点を追加しダメ押し。
9対5となり、ジュニアファイターズが勝利に大きく近づいた。

最終回裏のフレンズの攻撃もツーアウトランナーなし。このまま試合が終わるかと思われたが、フレンズが粘りを見せる。連続ヒットで2塁、3塁のチャンスを作ると、ここでタイムリーヒットが飛び出し二者が生還。9対7と、2点差まで詰め寄った。

しかし最後の打者の打球はショート正面のゴロとなり、「ゲームセット」。
近年稀に見る好ゲームとなった決勝戦は、9対7でジュニアファイターズがフレンズを下し、大会最多記録を更新する9度目の優勝を果たした。

県大会を懸けた支部予選はあと3回。同支部の両チームの戦いから目が離せない。

第43回選抜少年野球三ヶ日大会

第43回選抜少年野球三ヶ日大会

デジタルパンフ

パーツボックス

ミヤトモフットボールアカデミー




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 中体連女子卓球東海大会
    5年連続となる全国大会出場を決める中体連女子卓球の東海大会が8月9日から行われた。浜松地…
  2. 北浜中学校柔道部
    北浜中学校柔道部新人戦の浜松地区大会で優勝を果たした北浜中学校。その後の柔道祭では、西部大会…
  3. 革命的野球塾
    腕を引き、足の親指を踏み込むことが“捻り”を増幅させるテイクバックというと、後方への腕の引き…
PAGE TOP