天竜中学校男子バレーボール部

目指すは、東海大会ベスト4以上。

天竜中学校男子バレーボール部

新人戦では、浜松地区大会でベスト8で敗れ、5位での西部大会出場となった天竜中学校。
西部大会でもベスト8で敗れたものの、県大会への出場権を獲得。
すると、県大会で遂にベスト8の壁を破り、ベスト4へと進出。
東海大会への出場権を獲得した。

今年のチームの特徴は、やはり高さだろう。
小柄な選手の多い浜松地区で、群を抜く高さは、東海エリアでも随一。
経験者は2人だけと、ほとんどが中学からバレーを始めた選手たちだが、恵まれた身体とポテンシャルの高さで県でトップレベルのチームへと成長した。

レフトにエースがいないという珍しい陣形に、ツーセッターを採用するなど、他とは違った色を見せる同校。
力強いエースはいないが、どのローテーションでも攻撃力が落ちないことが最大の武器。
加えて、センターには高さのある選手が揃っている為、ブロックも大きな得点源。
この武器を活かすため、新人戦後は、守備力、特にレシーブの強化に力を入れてきた。
それに加え、ツーセッター頼みのバレーにならないよう、全員の技術アップを図り、チーム力のボトムアップを目指した。

春の選手権では、県大会でベスト4という成績を残した。
夏季大会で東海大会に出場できるのは、県のベスト4以上。
まずは、そこまでしっかりと勝ち上がること。
そして、東海大会でベスト4進出を果たし、全国大会への切符を掛けた舞台に挑む。

●部員数/20名 ●主な成績/新人戦浜松地区大会ベスト8、西部大会ベスト8、県大会ベスト4、浜松市スポーツ祭優勝、6人制バレー選手権西部大会ベスト4、県大会ベスト4

天竜中学校男子バレーボール部
くまの運動教室

風の彩り

はまっと接骨院




ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 第11回 U-15全国KWB野球秋季大会平成28年10月8日(土)に、『第11回U15全国KWB…
  2. サーラカップ2020 決勝大会
    サーラカップ2020 決勝大会令和2年12月19日に開催された『サーラカップ2020決勝大会』。…
  3. お米について考える。
    グランデフットサルパーク浜松お米の種類について皆さんが普段食べているお米は精米の方法によ…
PAGE TOP