積志中学校卓球部(男子)

チーム一丸となって
 まずは、県大会出場を目指す。

積志中学校卓球部(男子)

新人戦の浜松地区大会では5位、西部大会では6位と上位進出を果たしてきた積志中学校。
県大会で準優勝を果たしたことで、一気に優勝候補の一角にまで駆け上がった。

チーム方針は、“自主性を重んじる”こと。
向上心があり、素直な選手が多いため、自分たちに何が足りないのか、どうしたら強くなれるのかを、自分たちで考え、練習できることが最大の武器。
練習では、多球練習を中心にできる限り多く球を打つことを心掛ける。
冬からは、サーブとレシーブの強化と勝負球を作ることを課題に取り組んできた。

新人戦では、主力で戦っていた選手がケガをし、欠場。
その選手のためにも、必ず次のステージへという団結力が、東海大会への扉を開いた。
夏の舞台でもチーム一丸となり、上のステージへ。
まずは、一戦一戦を大切に戦い、県大会出場を勝ち取る。

●部員数/49名 ●主な成績/新人戦浜松地区大会5位、西部大会6位、県大会準優勝

積志中学校卓球部(男子)
アスラスポーツ接骨院

聖隷クリストファー中・高等学校




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 谷脇 亮介 常葉橘高校(丸塚中出身)---では、野球を始めたきっかけから教え…
  2. 浜松市立曳馬中学校
    曳馬中学校野球部平成26年11月24日と30日に天竜球場をメイン会場に行われた「第6回全日本少年…
  3. スポーツ障害に負けない身体を手に入れよう。
    「腰を落とす」、「腰を低く」という言葉を聞くと、「よし、ヒザを曲げよう!」という感覚が身に付いている…
PAGE TOP