編集長のひとりごと

やりきった彼らは 誇りでしかない。

学生スポーツ最大の祭典と言っても過言ではない、『夏の甲子園(全国高校野球選手権大会)』が間もなく始まる。今回は100回記念大会ということで、高校数が多い、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県で今大会のみ2校が代表校となる。100校以上が参加する静岡県は“全国屈指”の激戦県となる。

昨年、一昨年と浜松商業高校が、甲子園まであと一歩となる準決勝まで進出したものの、浜松からの甲子園となると久しくない。15年前(2003年)のセンバツに浜名高校が出場したのが最後で、夏に限ると、2002年に浜松学院高校(当時は興誠高校)が出場して以来、まさに16年間も遠ざかっていることになる。

秋大、春大で県大会に進出した浜松のチームの少なさも気になる。
秋大では浜名と浜松商業が、春大では聖隷クリストファーと浜名が進出したものの、それぞれの大会で2チームのみ。夏を勝ち上がるためには、大きな成長を遂げた選手の登場や、新戦力の登用が必要となるかもしれない。

新戦力とは、下級生である2年生、さらにはこの春に入部したばかりの1年生のことを指す。
新戦力が起用されることは、3年生の枠が減ることを意味する。この記事を書いている時点(6月21日)では、まだメンバー登録はされていないが、発行する時には登録メンバーが発表されている。3年生、並びにその親御さんのことを想うと、何とも言えない気持ちになる。

昨年、この気持ちを体験した。
秋大、春大と背番号があったりなかったりしていた息子。随分とヤキモキしたというか、「何とか結果を出してほしい」と常に願いながら練習試合を過ごした。「昨日は良かったのに、今日はダメ」。そんな週末を重ね、不安は大きくなるばかりだった。しかしある日、その考えというか、そんな想いが吹き飛ぶ出来事があった。深夜遅くに帰宅すると、外から何やら声というか息づかいが聞こえる。様子を見に行くと、トレーニングに打ち込む息子の姿があった。上裸で黙々と取り組むその体は汗で覆われており、胸板は大きくせり出し、腹筋はキレイに割れていた。昨日今日やっただけでは絶対にこうはならない。一日一日をしっかり積み上げていたからに他ならない。結果に一喜一憂するのではなく、自分がやれることをやる。この過程こそが成功であり、結果が出ることばかりが成功ではない。それを見た時、「なんて小さなことを気にしていたんだろう」と自分を責めた。

結果はあくまで結果。
背番号もただの結果だ。
評価を下すのは他人。それは自分ではどうすることもできない。

背番号を決めるのは監督。
監督は3年生がグランドに流した汗と涙を知っている。それを知ったうえで決断しなければならない。監督は自らに課した選考基準に基づき選手を選ぶ。実に苦しい決断を強いられる。だから、背番号がなくてもそれはその子がダメだということではない。きっと選考基準が違えば選ばれていただろう。

「最後の夏」。
居る場所がグランドか、ベンチか、スタンドか。どこでもいい。場所はそこまで重要ではない。どこに居ようがグランドで苦楽を共にした仲間。仲間と共に「最高の夏」にしてほしい。

親御さんには周りを見渡してほしい。
どれだけの子が高校最後まで野球を続けたのかを。

やりきった彼らは誇りでしかない。

そして最後まで子供が尊敬できる大人としての振る舞いを。
子供たちと共に、最高の夏となることを願う。

発行予定

整骨・接骨院

スポーツジム

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 女子バスケットボール浜松地区新人戦組み合わせ
    女王の座を手にするのはどのチームか!?10月1日より始まる浜松地区新人戦の組み合わせが決まった。…
  2. 浜北北部中学校女子テニス部
    浜北北部中学校 女子テニス部新人戦の浜松地区大会と西部大会では準々決勝で敗れたものの、県大会では…
  3. 麁玉中学校 男子ソフトテニス部
    麁玉中学校 男子ソフトテニス部新人戦浜松地区大会での優勝を皮切りに、西部大会、県大会、そして東海…
PAGE TOP