くまの運動教室

ジュニアアスリートのための
 特別メンタルトレーニング

レッスン12
リーダーとフォロワー

今年に入り、多くの中学生選手と関わるようになりました。
その中で、いろいろと話をしていくと、気になることが出てきました。

それは、“リーダー”についてです。
今回は、そのリーダーについて考えてみようと思います。

まず、下記の質問について考えてみてください。

くまの運動教室

書けましたか?

では、解説です。

くまの運動教室

私が行っている講座でのことです。
体幹&メンタル講座は、さまざまなスポーツ、学年の選手が参加し、受講期間も3ヶ月から1年以上とバラバラです。そのため、なかなかコミュニケーションの取れない選手が多かったので、リーダーとフォロワーについて考えてもらいました。

あるゲームをした時に、「リーダーは誰だった?」と聞くと、「Aくん」、「Bくんはいっぱい指示を出してくれた」、「Cくんは声をよく掛けてくれた」と、それぞれに違った意見が出ました。
少し意地悪ですが、さらに、「で、誰がリーダーなの?」と聞くと、みんな黙ってしまいました。そこで、「じゃあ、自分たちのチームだと誰がリーダーをしているの?」と聞くと、「キャプテンじゃん」、「キャプテンしかいないでしょ」と、ここでは満場一致で当たり前のようにキャプテンと答えました。
「じゃあ、キャプテンがいなかったら?」と聞くと、「副キャプテンでしょ」と答えました。「じゃあ、話を戻すけど、さっきのゲームでは誰がリーダーだった?」と聞くと、また黙ってしまいました。

これについて皆さんは、どう思いますか?
話をしていくと、選手たちは、勝手に序列を作っていることがわかりました、チームで、「あいつがキャプテンだから」、「俺は関係ないから」なんてことがあれば、チームはまとまりませんよね。スポーツでは、試合に出られる選手が限られていて、試合に関われない選手は役割がなくなていき、興味を失ってしまいます。

私は、試合に出られない選手たちが、練習や応援でも、場面場面で役割を与えられ、その場面場面でリーダーになれれば良いと思います。この部分が、学生が行うスポーツで、とても大切な部分ではないでしょうか?

くまの運動教室

くまの運動教室




ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 浜松江南ジュニアバスケットボール少年団今年の『シャンソンカップ』と『パナホームカップ』で予選を勝…
  2. 浜松believe.1
    浜松believe.1平成25年に結成されたドッジボールチーム『浜松believe.1』。活…
  3. 積志中学校 陸上部男子
    積志中学校 陸上部男子4×100mリレーにおいて浜松地区大会で3位入賞を果たし、続く西部大会、県…
PAGE TOP