JA全農チビリンピック2018

カワイ体育教室SCが
 初の全国大会出場。

JA全農チビリンピック2018

平成30年5月3日から5日の3日間にわたり、『JA全農チビリンピック2018』の決勝大会が日産スタジアムで開催された。
この大会は、日本全国を9つのブロックに分け、各ブロック大会を勝ち上がった16チームが決勝大会に出場。全国各地の強豪チームが日本一を目指す。

浜松地区からは、3月に行われた『しずぎんカップ』で優勝を果たした『カワイ体育教室SC』が静岡県代表として東海大会に出場。

同大会では、県大会とは異なり、3ピリオドで試合が行われる。普段とは違う試合方式に戸惑いながらも、カワイは、初戦の朝日SSに6対1の大勝を収めると、準決勝のFCヴェルダンを2対1で下し、決勝へ進出。決勝大会への切符を掴み、創立18年目にして、初となる全国大会出場を決めた。

決勝戦では、大山田SSSと対戦。第1ピリオドに4点差をつけるも、第2ピリオドに3点を返され、4対3の1点差で最終ピリオドへ。接戦となったが、最後まで1点差を守り切り、勝利。初の東海大会優勝を飾った。

迎えた決勝大会では、全国優勝を果たしたレジスタFCと同組となった予選リーグで1勝2敗という結果に終わり、グループリーグ突破はならなかったものの、初の全国大会の舞台で初勝利を挙げるなど躍動し、貴重な経験を得ることとなった。

同チームの特徴は、個性を伸ばすサッカー。
ジュニアユースを抱えていないため、小学6年生がこのチームでやれる最終学年。そのため、小学生年代でやるべき基礎練習を徹底し、上のカテゴリーでは、どのチームでも活躍できるように指導。戦術よりも個々の能力を伸ばすことに重きを置き、チームで決まったスタイルを貫くのではなく、その年その年の選手の個性を最大限活かすチーム作りをしている。

今年のチームは、エースの河合優希くんを中心とした攻撃が魅力のチーム。
河合くんは、昨年の『NTT西日本カップ』の決勝で得点を挙げ初優勝に貢献するなど、1学年上の選手たちの中でも互角以上の成果を挙げ、県選抜にも選出された県内屈指のストライカー。彼の得点能力を活かすためにチーム全員がそれぞれの役割を全うできることが強みと言える。

次の目標は、『全日本少年サッカー大会』に静岡県代表として出場すること。浜松地区から10年ぶりとなる全国大会を目指す。

JA全農チビリンピック2018

JA全農チビリンピック2018

aun'sなかじま鍼灸整骨院

聖隷クリストファー

発行予定




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 入野中学校水泳部
    入野中学校水泳部新人戦浜松地区大会において男子総合優勝に輝いた入野中学校。リレーでは、フ…
  2. 平成29年度西部中学校新人バレーボール選手権大会
    平成29年度西部中学校新人バレーボール選手権大会平成29年11月3日と4日の2日間にわたって…
  3. JAWS WEST
    JAWS WEST西区篠原町にあるブラジリアン柔術道場『JAWS WEST』。東区篠ヶ瀬町の…
PAGE TOP