アクティブジム

あなたはカラダを捻れますか?

前号で、身体には可動性が求められる関節(部位)と、安定性が求められる関節(部位)について説明しました。今回は、可動性の中で重要な動き「捻る・ねじる」について説明したいと思います。

「捻る」と聞くとイメージされるのは、どちらかというと「ケガ」をイメージすると思います。

確かに「捻挫・ねんざ」という言葉には「捻る」という漢字が含まれています。特に多い捻挫は足首や膝などです。どちらも関節にある骨と骨をつなぐ靱帯(じんたい・バンド)を痛めてしまい、ひどい場合は手術をし、10ヶ月ほどスポーツ復帰できない場合もあります。なぜ、このようなケガが起きるのでしょうか?答えは簡単です。捻る用にできていない関節を捻るからケガをするのです。

では、捻る用の関節(部位)はどこでしょうか?それは、頭の方から言うと、「首」、「胸回り」、「股関節」で、これらは捻ることが得意です。捻ることが全体の動きに強い力を発揮させてくれます。捻れなければ、その負担が足首や膝にかかり捻挫します。ここで「腰」は?と思った人がいると思いますが、実は腰は骨の構造上、捻ることは不得意な関節(部位)なのです。この捻ることが不得意な腰を無理に捻ると、腰痛となるリスクが上がります。

では、実際に一歩踏み込んだ状態(ランジ姿勢)で肩周りを左右に回旋(回す)してみましょう。どうでしょうか?写真の悪い例のように、膝や足首が捻れたり、お尻が左右に振られたりしていませんか?もし、そういった動きが出てしまう場合は危険です。

ACTIVATE GYM

良い例の写真のように、つま先と太ももの方向が一致し、母趾球で地面を捕らえられれば非常に良いです。筋力的な問題で悪い例のようになることもありますが、まずは捻るべき場所の可動域を増やす必要があります。なので、ストレッチは非常に重要です。

実はもうひとつ、捻る動きに似ていますが、重要な動きがあります。それは、足の母趾球で方向転換を行うピボット動作です。非常に重要な動きですので、正確に行えるようにしましょう。

ストレッチ方法や、さらに詳しい運動方法は当ジムが動画をインターネット上にアップしています。YouTubeから「ACTIVATE GYM」を検索してください。

アクティブジム




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. やすらぎデンタルクリニック
    トップアスリートと呼ばれる人たちの中には、奥歯がボロボロになってしまう選手がいます。それは踏…
  2. 編集長のひとりごと
    今回特集した、バレーボールの『春高バレー』、バスケットボールの『ウィンターカップ』をもって高校の部活…
  3. 広沢バレーボールクラブ
    広沢バレーボールクラブ浜松市の文教エリアとして知られる広沢地区で活動している『広沢バレーボールク…
PAGE TOP