ゼンウェルカップ第38回静岡県中学1年生サッカー大会

天竜中学校が
 中体連の部で県優勝。

ゼンウェルカップ
第38回静岡県中学1年生サッカー大会

平成29年11月5日から各支部での予選が始まった『ゼンウェルカップ第38回静岡県中学1年生サッカー大会』。
同大会は、中体連の部で各支部予選を勝ち抜いた32校が県大会に出場。県大会で優勝した1校のみが中体連の代表として本大会に出場し、クラブチームと真の県王者の座を争うこととなる。

西部大会では、6試合で21得点と圧倒的な攻撃力で優勝を果たした天竜中学校。県大会でも、その攻撃力が爆発。
初戦の静岡南中学校を4対1で下すと、続く清水飯田・第一中学校を6対1と一蹴。準々決勝の湖東中学校(3対0)、準決勝の中郡中学校(4対0)をクリーンシートで下し、本大会に王手を掛けた。決勝の相手は、西部大会と同じく開成中学校。西部大会では、3対0で勝利を収めたが、ここでは、終始攻撃の手を緩めることなく、開成中を圧倒。大量6得点を挙げ、6対1で勝利。県大会優勝を果たし、本大会への出場権を獲得した。

平成30年2月3日から始まった本大会。
東海リーグや県リーグなどのトップレベルで戦うクラブチームが名を連ね、清水エスパルスやジュビロ磐田、アスルクラロ沼津など、Jリーグ下部組織のチームも数多く出場。その中に、中体連の部の代表チームとして出場した。

初戦の相手は、アスルクラロ沼津U15。
個の技術で上回る強豪クラブに対し、果敢に前線からプレッシャーを掛け、ショートカウンターからゴールを奪い、2得点を挙げる。その後、1点を返されるも、最後まで粘り強く守り、2対1で勝利。J下部組織を破って、ベスト8進出を果たした。

準々決勝では、ホンダFCに接戦の末、敗れたものの、ハイレベルなクラブチームと互角の勝負を演じ、ベスト8という成績を収めた。

まもなく、夏季大会が幕を開ける。
彼らは2年生になり、上級生たちに混ざって戦っていくこととなる。
選手層の厚い同校では、今大会で活躍した選手も試合に出られないかもしれない。

しかし、チームは1学年だけでは強くならない。
強豪校で在り続けるためには、チーム内競争は必須であり、一人ひとりがチームのために戦えることが重要となる。強豪クラブと互角に渡り合った彼らの能力と経験は、間違いなくチームを強くするための原動力となる。先輩・後輩と共に、チーム一丸となって、熱い夏を戦い抜いてほしい。
はまっと接骨院

聖隷クリストファー




ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 開成中学校 ソフトボール部
    開成中学校ソフトボール部夏季大会で第2シードを掴んだ開成中学校。新人戦では、浜松地区大会でベ…
  2. サッカー、ボールを蹴る・走る・ジャンプの時に痛い!特にお皿の周り。これは、サッカー選手に多いひざ…
  3. 中体連女子ソフトテニス県大会
    因縁のライバル対決は清竜中学校に軍配中体連女子ソフトテニスの県大会が終了し、東海大会へ進む4校が…
PAGE TOP