藤井接骨院

痛みの出る患部と
 その原因は違うかも!?

スポーツをしていれば、膝が痛い、肩が痛い、腰が痛いなど、痛みを感じることも少なくないと思います。
では、その痛みの原因は何なのか。それがわからなければ、加療をしても痛みは繰り返します。患部を診て、患部の加療をして、もちろんそれも大切です。

しかし、痛みだけに囚われて患部だけを加療しても、その時は痛みを感じなかったとしても、身体を動かせば、また痛みがぶり返すということも少なくありません。そのため、身体全体を診て原因を見つけ、その原因をしっかりと取り除くことがとても大切です。そうすることで、繰り返される痛みという悩みから解放されます。

そもそも痛みとは、身体のどこかが異常をきたした時に起こる結果であって、必ずしも痛みが出た場所と、その原因が同じ場所だとは限りません。むしろ、長期間にわたる慢性的な痛みは、患部と違う場所に原因が潜んでいることの方が多いのです。

例えば、腰に痛みを感じている人の場合、首にダメージを受けたことから痛みを感じることもありますし、内臓の疲労からくるものかもしれません。あるいは、食生活からきているということもあり得ます。痛みには必ず原因が存在します。痛みの原因は何なのか。それを見つけ出し、改善することが、これからもスポーツを続けていく上で、重要なことなのです。

さて、アスリート、特に学生の方は、『痛みが取れたからもう通院は必要ない』と思っている人が非常に多く感じられます。もちろん各自にそれぞれの事情があり、致し方ない場合もあるかとは思いますが、これはオススメできません。

痛みを伴わないことと、完治することは違います。

痛みは、比較的短期間で取り除くことができます。当院でも、平均して4、5回の施術でほぼ痛みを伴わなくなっています。しかし、その後のケアを疎かにしてしまえば、また同じように痛みがぶり返します。一度目では見えなかった原因が、時間の経過とともに出てくることもあります。そのため、痛みが治まってからの方が本当は大切で、自分が今、どういった状態なのかをしっかりと把握し、日常生活から改善していくことがとても重要です。

ケガのケアから身体づくりまでを一貫して行い、より良い学校生活を送っていただければと思います。

藤井接骨院




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 編集長のひとりごと
    新チームになりワンクール(三ヶ月)が経過した。新人戦の地区予選も終わり、十分な結果がでたチー…
  2. 第46回レッドウイング・ホンダカップ チャンピオンシップ
    第46回レッドウイング・ホンダカップチャンピオンシップ平成29年12月10日に『第46回レッ…
  3. しつもんメンタルトレーニング
    レッスン4 ありがとうが言えますか?前回は言葉について考えました。どんなことを感じました…
PAGE TOP