トリアス浜松

誰からも愛される
 地域総合型クラブ。

トリアス浜松

湖東地区を拠点に活動するバスケットボールチーム『トリアス浜松』。
平成14年に地域総合型クラブ『湖東スポーツ・文化クラブ』のバスケットボール部として設立し、昨年からチーム名を改め、活動している。

チーム名の『トリアス』とは、ギリシャ語で三位一体という意味。
人とスポーツ、文化によって地域を育てていくという想いが込められている。スポーツを、見る、する、支えるという3点から地域の心づくりと身体づくりに貢献し、地域の絆を深める存在として、誰からも愛されるクラブを目指す。

練習は、週に2日。
男子は日曜と火曜、女子は日曜と月曜で行う。
現在は、湖東地区の子供たちだけに留まらず、男女合わせて55名が在籍する。

代表の夏目さんは、チームについてこう話す。
「学校の部活動とは違った経験を積みながら、バスケットを楽しんでもらうことが一番です。小学6年生や中学3年生は、大会が終わると、半年近くバスケットから離れてしまう。次のステージのために、その間も身体を動かせる場所と環境を提供できるのもチームの特徴です。学校外の仲間と絆を深めていってほしいと思います」

小学生は、「ミニミニボンバーズ」というチーム名で活動。
ミニバス経験者よりも、ポートボールをやっている子や初心者の方が圧倒的に多く、次のステージを見据えて集まってくる子ばかりだという。

地域総合型クラブとして15年という年月を経て、進化してきた『トリアス浜松』。
今後も地域に根差した活動に注目したい。
トリアス浜松

風の彩り




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 引佐南部中学校 柔道部男子
    引佐南部中学校 柔道部男子男子団体戦において、新人戦浜松地区大会で準優勝、柔道祭西部大会で優勝、…
  2. 浜松レッドサンダーズ
    浜松レッドサンダーズ新津小学校と砂丘小学校の児童を中心に形成する少年野球チーム『浜松レッドサンダ…
  3. 空飛ぶ野球少年
    10月14日。この日は小学校での体力測定。50mのタイムを計ったり、シャトルランの回…
PAGE TOP