静岡県U15サッカーリーグ2017

オイスカFCが
 1年で1部復帰。

静岡県U15サッカーリーグ

平成29年2月4日に幕を開けた『静岡県U15サッカーリーグ2017』。

オイスカFCは、昨年1部から2部へと降格。
1年での1部復帰を目指し、リーグ戦へと挑んだ。

初戦の丸塚中学校戦を2対0で勝利すると、そこからさらに3連勝と上々の滑り出しを見せる。

次の相手は、清水エスパルスJYセカンド。
セカンドチームとはいえ、相手は県内最強クラブ。1対3と初黒星を喫した。

その後は、着実に勝ち点を積み上げ、リーグは中盤へ。

昇格できるのは、上位2チーム。

首位をひた走る清水。オイスカと聖隷JYが残り1枠を懸けて争うという展開。
抜きつ抜かれつを繰り返しながら、リーグは、終盤へと差し掛かった。

オイスカは、夏に主力選手が長期離脱。
その後、勝てば昇格が一気に近づく2試合で2分け。
選手たちにフラストレーションが溜まっていく。

そんな中、チームをひとつにまとめてきたのが、キャプテンの岡村和飛くん(富塚中3年)と副キャプテンの松尾璃空くん(鷲津中3年)。
昇格という目標で戦ってきた自分たちのためにも、途中で離脱することになってしまった選手のためにも、必ず昇格するという強い想いが、チーム全員を奮起させた。

残り2節、あと1勝で昇格が決まるというところで、相手は、全勝で首位を走る清水。
しかし、選手たちに次があるという想いは微塵もなかった。格上相手にも一歩も引かず、清水自慢の攻撃陣を封じると、2得点を挙げ、2対1で勝利。

清水に初黒星をつけるとともに、1部昇格を決めた。

最終節も5対1と快勝し、15勝3分2敗という結果でリーグ戦を終えた。

今年のチームの特徴は、リーグ最少失点を誇る守備力。
安定した守備があってこそ、長丁場のリーグ戦で勝ち続けられた。
サッカーは点を獲り合うスポーツ。
オイスカのサッカーは、攻撃でも守備でも常にゴールを意識することを徹底している。
守護神の小窪太斗くん(佐鳴台中3年)、中盤を支える渡辺隼平くん(鷲津中3年)、エースストライカーの和久田海心くん(新津中3年)といった中心選手は、サッカースクールからの生え抜き。
オイスカのアイデンティティを色濃く受け継いだ選手たちがチームを支え、1部復帰に大きく貢献した。

今年のチームは、多くの困難を乗り越えてきた。
スタッフや父兄などのサポートがあったから乗り越えられた部分もあるだろう。

しかし、達成したのは自分自身。

昨日の自分を乗り越えたからこそ達成できた1部復帰なのだ。

この貴重な経験は、間違いなく今後の人生に生きる。

静岡県U15サッカーリーグ2017

アローズジム




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 浜松浅間野球スポーツ少年団
    浜松浅間野球スポーツ少年団浅間小学校を拠点に活動している少年野球チーム『浜松浅間野球スポーツ少年…
  2. 谷脇 亮介 常葉橘高校(丸塚中出身)---では、野球を始めたきっかけから教え…
  3. 浜名中学校女子ソフトテニス部
    浜名中学校女子ソフトテニス部新人戦浜松地区大会で優勝を果たした浜名中学校。西部大会では、決勝…
PAGE TOP