空飛ぶ野球少年

[第16話]練習への取り組み

10月30日。

 

この日は雨だったため、予定されていた試合は順延。
嫁さんと娘はバレーボールの練習でいないため、コウタと二人でお留守番。

「新しいバット欲しいなあ」

コウタはバットが欲しいらしい。

しばらく聞こえないふりをしていたが、快気祝いをしていなかったことに気付いた。

「快気祝いで買ってやるよ」

早速スポーツショップへ出掛けた。

コウタとスポーツショップへ行くのは楽しい。
バットはもちろん、グローブを見たり、練習グッズを見たりしていると“あっと”いう間に時間が過ぎる。

「黒くて細いバットがいいなあ」

自分の好みがある。好きなものを買うのが一番。

トップバランスの黒いバットを購入した。
これでやる気がでてくれればしめたものだ。

11月下旬には新人戦が控えている。

思っているほど時間はない。

 

 

11月1日。

 

深夜帰宅すると、先日渡した「練習ノート」がテーブルの上に置いてあった。
のぞくと、しっかりと練習内容が記入してある。
どうやら再び“自分から”練習に取り組めるようになったようだ。

 

 

11月10日。

 

「練習ノート」が効いているようだ。

練習ノートは
①柔軟(やったかやらないかの〇X)
②素振り(回数)
③投球(回数)
④ランニング(同じコースでのタイム)
の4項目を記入するようになっている。

効果があるかどうかは半信半疑だったが、今のところ効果は絶大。
ほぼ毎日4項目をこなしている。

帰宅後、もはやこの練習ノートを覗くのが日課。

週ごとの目標を記入する欄もあり、今の目標は
「ケツをぷりっと出す。ヘッドを立てる」
という素振りの内容になっている。

家でする練習はどうしてもサボリがち。
ちょっとした工夫で続くものだと改めて実感。

11月21日は5年生以下で行う「新人戦」の2回戦。
初戦は怪我の影響で出場できなかったため、仮に出場すれば“正真正銘”の復帰戦となる。

果たして出場できるのか?
21日が待ち遠しい。

整骨・接骨院




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 岡崎中学校
    浜松市スポーツ祭中学校男子の部平成27年2月21日と22日の両日、「浜松市スポーツ祭バレーボール…
  2. 浜松開誠館中学校男子バスケットボール部
    浜松開誠館中学校男子バスケットボール部昨年、2年ぶりに東海大会出場を果たした浜松開誠館中学校。…
  3. しつもんメンタルトレーニング
    レッスン8保護者の在り方についてジュニアアスリートの「編集長のひとりごと」は、皆さんお読みで…
PAGE TOP