浜松地区中学校駅伝競走大会

女子は三方原中が、
 男子は北浜中が優勝。

浜松地区中学校駅伝競走大会

平成29年度の中学校体育連盟が主催する最後の大会となる『浜松地区駅伝競走大会』が、平成29年10月28日、浜名湖ガーデンパークにて開催された。

舞台となるのはガーデンパーク内に設けられた特設コース。
女子は総距離11.1kmを5人で、男子は総距離15.6kmを6人でタスキを繋ぐ。

女子の注目は、最長距離となる1区で登場した横道亜未さん(都田中)。
夏の全国大会で6位になった実力で、2位に15秒差をつけ、トップでタスキを渡す。2区に入ると、北浜中の 木日菜乃さんが区間賞の走りでトップに躍り出る。

しかし、続く3区では、後続の猛追を許し、2位の三方原中学校との差は、わずか3秒となった。

4区に入ると、三方原中の鈴木琉花さんが区間賞の走りでトップに立ち、2位に20秒差をつけ独走態勢を作る。5区でも、そのリードを保った三方原中が1位でゴールイン。見事優勝を飾った。
2位には、後半一気に盛り返してきた曳馬中学校が入った。

一方の男子は、北浜中が強さを見せる。
1区では、尾崎健斗くん(新居中)がトップでタスキを繋ぐ。

2区では、新居中を退け、北浜中と麁玉中学校が、ほぼ同時にタスキを繋ぐが、3区では、クワルサンディップくん(新居中)が、区間賞の走りで再びトップへと躍り出る。

4区では、北浜中が再度トップに立つが、新居中との差はわずか1秒。

目まぐるしく入れ替わるトップ争いに終止符を打ったのは、トップの北浜中。
5区で2位に27秒差をつけると、6区でもその差を守り切り、ゴールイン。
2年ぶりの優勝を飾った。
2位には、1区から着実に順位を上げてきた、前回王者の入野中学校が入った。

浜松地区中学校駅伝競走大会

アスラスポーツ接骨院




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 浜松地区から3年ぶりの県王者を7月30日より中体連男子剣道の県大会が始まる。浜松地区から…
  2. 中体連夏季大会サッカーの部
    平成30年度 中体連夏季大会サッカーの部平成30年7月25日から30日に渡って開催された『中…
  3. くまの運動教室
    レッスン6応援したくなる選手になるジュニアアスリート浜松が創刊されてから2年半が経ちました。…
PAGE TOP