平成29年度西部中学校新人バレーボール選手権大会

西遠女子学園中が
 大会5連覇達成。

平成29年度西部中学校
新人バレーボール選手権大会

平成29年11月3日と4日の2日間にわたって「平成29年度西部中学校新人バレーボール選手権大会」が開催された。

女子の部には、西部地区の75チームが参加。上位8チームに与えられる県大会出場の座を懸けて、熱い戦いが繰り広げられた。

ベスト4に勝ち上がってきたのは、この夏、全国ベスト8に輝いた“王者”西遠女子学園中学校と、2回戦で掛川北中学校との激戦を制して波に乗った鷲津中学校、危なげなくオールストレート勝ちの三ヶ日中学校、そして岳洋中学校の4チーム。

準決勝の第1試合は西遠女子中と鷲津中の対戦。

試合は序盤から拮抗した展開。西遠女子中はサイドを有効に使いながら攻撃を組み立てるが、鷲津中は安定した守備でこれを受け止め、一進一退の攻防となる。“西遠らしい”オープン攻撃で得点を奪うと、鷲津中は粘り強い守備からの早い攻撃で得点を奪い返す。シーソーゲームのまま試合は終盤へ。

23対23から先にセットポイントを握ったのは鷲津中。

粘り強い守備からのチャンスを逃さず得点に繋げ、24対23のセットポイント。しかしここから西遠女子中がサーブで相手を崩し連続ポイント。26対24で西遠女子中が苦しみながら第1セットを奪った。

第2セットに入ると、西遠女子中の攻守の歯車が噛み合いだし、鷲津中に付け入る隙を与えず、25対15で連取。西遠女子中が決勝進出を決めた。

準決勝第2試合は、三ヶ日中と岳洋中が対戦。

高さで劣る三ヶ日中は、サーブを軸に攻撃を仕掛けるとこれが機能。サービスポイントを重ね、大きくリードを奪う。岳洋中の攻撃に対しても守備陣が奮闘し、第1セットを25対16で奪う。第2セットに入ると、三ヶ日中にミスが出始めるが、ここでは攻撃陣が奮闘。多彩な攻撃で得点を重ね、第2セット(25対20)も奪取し、三ヶ日中が3年ぶりに決勝へと駒を進めた。

決勝戦は、西遠女子中と三ヶ日中という好カード。

試合は、お互い得点を取り合う形でスタート。
序盤は一進一退の攻防が続くが、中盤に入ると安定感の差が出始める。イージーミスが目に付きだした三ヶ日中に対し、西遠女子中は手堅い守備からのサイド攻撃で得点を積み重ねる。点差は一気に開きだし、第1セットは25対14で西遠女子中が奪った。

第2セットも同じ様な展開。三ヶ日中は要所要所で好プレーを見せるものの、攻撃が単発で終わり、連続得点に結びつかない。結局、冷静に試合を進めた西遠女子中が第2セット(25対19)も奪い、ストレート勝ちで優勝。西部新人5連覇を達成した。

敗れはしたものの、三ヶ日中の得点を奪った時の喜び方は会場を魅了した。飛び跳ね、抱き合い、喜びを爆発させるその姿は、「得点を挙げるこは幸せなこと」と改めて気付かせてくれた。
一方で、ベスト4に入った鷲津中は不気味なほど、坦々とプレーをしていた。気持ちが入っていないわけではない。次の一球のための集中だったのだと思う。

「チーム作りに正解はない」と気付いた一日でもあった。

なお、浜松地区から県大会へ進出するのは、西遠女子中と三ヶ日中、鷲津中のほか、ベスト8の新居中学校の4チーム。
県大会でベスト4に入ったチームは東海大会へと進む。

昨年は西遠女子中が県を制し、東海大会の決勝まで進出。

「今年の浜松地区は例年ほどではない」と言われる中、県大会へ出場する4チームがどんな戦いを見せてくれるのか。活躍を期待したい。

平成29年度西部中学校新人バレーボール選手権大会

平成29年度西部中学校新人バレーボール選手権大会

平成29年度西部中学校新人バレーボール選手権大会




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. アクティブジム
    前号で、身体には可動性が求められる関節(部位)と、安定性が求められる関節(部位)について説明しました…
  2. 川嶋陸
    川嶋陸 浜松開誠館中学校陸上部新人戦県大会において100mと200mで優勝。100mでは…
  3. 北浜中学校男子ソフトテニス部
    北浜中学校男子ソフトテニス部新人戦浜松地区大会で優勝を果たした北浜中学校。その後は、ヨネック…
PAGE TOP