第47回 中部日本地区選抜 中学軟式野球大会

曳馬中が
 ベスト4に輝く。

第47回 中部日本地区選抜
中学軟式野球大会

平成29年度の『中学校夏季総合体育大会』は、6月24日から開催された『野球競技の部』から始まった。

今年は、1回戦から1点差の試合が7試合と拮抗した試合が多かったものの、大きな波乱はなく、順当にシード校が勝ち上がる展開となった。

そんな中、躍進を遂げたのが、浜北北部中学校。3回戦で北浜東部中学校を2対0の完封で下すと、準々決勝では、開成中学校を3対0で、準決勝では浜松開誠館中学校を7対2で下し、決勝へ進出。決勝戦でもその勢いは止まらず、曳馬中学校に6対5と接戦の末、勝利。

春から大会で常に上位を独占してきた3校全てを撃破し、浜松地区の頂点に立った。

県大会には、優勝した浜北北部中学校をはじめ、曳馬中学校、浜松開誠館中学校、光が丘中学校、開成中学校、中郡中学校、三ヶ日中学校の7校が出場した。

県大会の初戦を突破したのは、曳馬中と浜北北部中、光が丘中の3校。ここで強さを発揮したのが、曳馬中。中郷西中学校を6対3で下し、初戦突破を果たすと、2回戦では、県王者の吉田中学校と対戦。この試合を5対4で勝利し、大金星を挙げた。準々決勝では、桜が丘中学校を1対0で下し、迎えた準決勝。

勝てば東海大会という大一番だったが、静岡南中学校に特別延長の末敗れ、あと一歩届かなかった。

曳馬中はその後、『中部日本地区選抜大会』に出場。
初戦となった2回戦で、富山代表の志貴野中学校と対戦し、7対2で勝利。
準決勝で優勝した名古屋ドジャースに敗れたものの、ベスト4という好成績を収め、一年を締めくくった。

第47回 中部日本地区選抜 中学軟式野球大会

浜松中学部活動写真展




ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 浜松北部中学校 野球部
    浜松北部中学校 野球部「自分たちで考える野球」をモットーにしている浜松北部中学校野球部。…
  2. お米について考える。
    グランデフットサルパーク浜松お米の種類について皆さんが普段食べているお米は精米の方法によ…
  3. 空飛ぶ野球少年
    10月3日。この日は可美公園にて練習試合。仕事を片づけ慌てて向かったが、着いた頃には…
PAGE TOP