広沢バレーボールクラブ

バレーボールを
 “楽しむ”ということ。

広沢バレーボールクラブ

浜松市の文教エリアとして知られる広沢地区で活動している『広沢バレーボールクラブ』。
結成は昭和50年。今年で41年目を迎えた、小学生バレーボールチームの先駆けとも言える、伝統あるクラブだ。

結成当初は女子チームとして活動してきたが、5年前に男子チームを発足。現在は、男女合わせて29名が所属している。

チームのモットーは、“楽しくバレーをすること”。
厳しさよりも楽しさを優先し、バレーボールの楽しさを肌で感じ、長く楽しんでもらうことに重きを置く。

練習では、基本技術の向上に力を入れ、中学や高校でもバレーボールを続けられるための素地を作っている

「ほとんどの子供たちは、高校が最後の舞台となります。だからできる限り、高校までバレーボールを続けて欲しいと想っています」と話すのは監督を務める水谷さん。

強豪校の外部コーチとして、何度も全国の舞台に子供たちを送り出している熱い指導者だ。

「ステージが上がっていけば、勝負にこだわることが多くなる。でも今は、まだその時期ではありません。基礎技術の向上を図りながら、バレーの面白さを存分に堪能して欲しいと思います。そうして育っていった子供たちが、今でも高校で活躍してくれています。この先も、そんな子供たちを育てていきたいですね」。

同クラブでは、毎年夏に高校生と合同合宿を行う。目標となる高校生たちを、見て、話して、感じることで、明確な目標となる。

浜松のバレーボールは、こういうクラブ、指導者が支えているのかもしれない。

広沢バレーボールクラブ

広沢バレーボールクラブ

週休3日




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 北浜東部中学校
    挑戦者として“本気”で挑む夏“挑戦者”として挑んだ新人戦の浜松地区大会では、並み居る強豪を倒し優…
  2. 空飛ぶ野球少年
    10月13日。今日は検診日。予定では「OK」が出るはずの日だ。仮に「OK」が出なかっ…
  3. 浜松Jr.トランポリンクラブ
    浜松Jr.トランポリンクラブオリンピック競技となっているトランポリン。現在では、競技以外…
パーツボックス
PAGE TOP