メジャー流野球筋のつくりかた

No.3 実践トレーニング 腕のしなりを生むトレーニング

肩のインナーマッスルの筋力が球速を左右する

腕のしなりを使い、速球を投げるときに働くのが、棘上筋、棘下筋、小円筋肩甲下筋など肩のインナーマッスルです。インナーマッスルとは、身体の内部にあって、大きい筋肉を補助する役割を持つ小さな筋肉のことです。肩の深いところにあるインナーマッスルを鍛えて、球速アップを目指しましょう。

フロント・ライズ・サムアップ

両手に軽いダンベル(500g~1kg)を持って、両手を肩の高さまで前方に上げていきます。

両手を上げていくとき親指が上になるようにしましょう。

鍛える筋肉

肩甲下筋

時間・回数の目安

15回1セット

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 積志中学校 卓球部男子
    積志中学校 卓球部男子新人戦浜松地区大会での3位入賞を皮切りに、西部大会、県大会でも好成績を収め…
  2. 春野中学校陸上部部員数が少ないながら、4年連続で全国大会に出場する選手を輩出している春野中学校。…
  3. 浜松地区中学校駅伝競走大会
    浜松地区中学校駅伝競走大会平成29年度の中学校体育連盟が主催する最後の大会となる『浜松地区駅伝競…
PAGE TOP