空飛ぶ野球少年

[第11話]“善戦”から得たモノ

程なくして対戦相手“三ヶ日ジュニアファイターズ”が到着。

「おはようございます!」

大きな声でグランドに挨拶をし、笑みひとつなくグランドへと進み入る。
のっけから“強豪”ムード満載だ。

試合開始直前。
コーチがみんなを集めて“気合”を入れる。

久しぶりに観るコウタのユニフォーム姿。ドクターヘリで運ばれてからちょうど6週間。コウタがグランドに帰ってきた!

「プレイボール!」

試合はファイターズの攻撃で始まった。

フレンズの先発は“エース”のサトシ。

野球センスは“No.1”で、(体重を活かした)剛球とホームランも打てる長打力が持ち味だ。

守備は随分変わっていた。

キャッチャーには本来セカンドのユウが入り、セカンドには本来キャッチャーのキョウスケ、センターには本来ライトのコウセイ(4年生)、ライトには初スタメンとなるタツヤ(4年生)が入り、ファーストには本来センターのコウヘイが入った。
どうやらキョウスケは肩を痛めてキャッチャーができないらしく、そのために守備位置を“さらに”変更せざるを得なかったようだ。

普段練習していないポジションを守る選手が多いため、どうしても守備に不安が残る。

初回はサトシの剛球が唸りを上げてファイターズに襲い掛かる。

全くタイミングがあっていない。
あっという間に追い込むと、最後は渾身のストレートを投込む。
バッターはなんとかバットに当てたが“絵に描いたような”ボテボテ。

「よしワンアウト!」と思った瞬間“まさか”のエラー。
いきなりピンチを向かえる。

“投げてよし、守ってよし、打ってよし”のサトシだが、ひとつだけ欠点がある。メンタルの弱さだ。エラーなどがあると我を失い、フォアボールを連発して自滅するケースが多かった。
もちろんバッティングにもその影響が“モロ”に出る。

しかしこの日のサトシは“違った”。

ロージンに手をやり、エラーした選手に声をかけ、何事もなかったかのように投げ始めた。
淡々と、冷静さを失わずに投げ始めた。

満塁まで攻め込まれたが、サトシの好投が光り、この回を無失点で切り抜けた。

1回裏、フレンズの攻撃。

コウタは3塁コーチに。

3塁コーチは“大事”な3塁ランナーに指示を送るのが役割。得点が入るかどうかの瀬戸際を受け持つ。

1番の“韋駄天”キョウタロウが出塁すると、すかさず盗塁。
チャンスをつくると、相手のミスに乗じてフレンズが先制。

1-0とした。

2回はファイターズが足を絡めて追いつく。

1-1。

3回表ファイターズの攻撃。

“またもや”フレンズにエラーが出る。
何でもないサードゴロ。これを捕ってファーストへ“いい”送球。これをファーストのコウヘイが落球。
普段練習したことがないファーストを守るコウヘイからは緊張感が“バシバシ”伝わってくる。
もはや“ガチガチ”だ。

「みんなカタいぞ~!もっと楽しめ~!」

ベンチから大きな激が飛ぶ。

声の主はコウタだった。

コーチの隣にドカっと座り、指導者然とした態度で試合に入り込んでいた。

コーチは試合中でもミスがあると怒鳴ることが多いのだが、この日は黙って戦況を観ていた。

コーチが言おうとすることをコウタが叫ぶからだ。

コウタが守備位置の指示を叫ぶと、選手は大声で返事をして移動した。
コウタが声を出すように促すと、みんな一斉に大声を出した。
チームのみんなはコウタを受け入れてくれていた。

いや待っていてくれたのかもしれない。

満塁。
ピンチは続くがサトシが踏ん張り2アウトまでこぎつけた。

しかし、ここで再びエラー。
ファイターズが勝ち越しに成功する。

1-2。

続くバッターはボテボテの当たりが三遊間を抜けレフト前へ。
これを猛烈に突っ込んだエイスケが“まさか”の後逸。ランナーが次々と帰り、1-5。
ファイターズのリードが広がった。

本来の守備位置ではないために、いつもよりエラーが多い。
それでもサトシは淡々と表情を変えずにキャッチャーミット目掛けてボールを投込む。

3回裏。

サトシのバットが火を噴く。
ストレートを真芯で捕らえた打球は、一直線にサードの頭を越えレフト戦を破った。
このサトシのツーベースヒットを足がかりに1点を返す。

3回を終わって2-5。

この後は緊迫した投手戦。

エラーがあろうが、フォアボールを出そうが、サトシは淡々と表情を変えずにボールを投込む。
周りの選手に声を掛けながら、ロージンを触って間をとりながら、淡々と表情を掛けずにボールをユウの構えるキャッチャーミットへ投込む。

もはや“気が弱い”サトシの面影はどこにもない。風格さえ漂っていた。

思えば、このチームが始動した時はバッテリーが下級生だった。

コウタのいる5年生は“谷間世代”と呼ばれていた。

主要なポジションは下級生が占め、空いたところにコウタたちが入るようなチームだった。
それが今日は、5年生のサトシが投げ、5年生のユウが受けている。

しかも“超”強豪のファイターズと好ゲームを展開しているではないか。

涙が溢れてきた。

今の5年生は“片端”の集まりだ。

サトシは、肩が強く、バッティングもいいが、メンタルが弱く、とにかく足が遅い。
ユウは、走攻守をそつなくこなし、気持ちも強いが、肩が弱い。
コウヘイは、肩が強く、パワーもあるが、メンタルがメチャクチャ弱い。
エイスケは足が速いが、守備とバッティングはさっぱり。
コウタに至っては“何もない”。あるのは“根性”だけだ。

そんな5年生がファイターズに勝つために“一生懸命”戦っている。
各々が欠点に目をつぶり、チームの勝利のためにできることを全力でする。
それは相手がどこであろうと関係ない。
自分ができることを精一杯やる。

全てはチームの勝利のため。

そんなことを思ったら、溢れる涙を止めることができなかった。

その後、1点を追加され2-6の4点差で最終回へ。

最終回裏、フレンズの攻撃は下位打線から。

フレンズの欠点は下位打線の迫力不足。
この日もチャンスすらつくれていない。

しかしこの時ばかりは違った。

ボールに喰らいつき、粘り、フォアボールを選び出塁。
「次に繋ごう」という気持ちが、観ている方にまで伝わってきた。

上位打線へ繋りチャンスはさらに広がる。

2アウトながら満塁。

ネクストバッターサークルにはサトシ。

なんとかサトシまで繋ぎ、一発が出れば“サヨナラ”だ。バックネット裏で観戦していたのだが、ふとサトシと目が合った。
サトシは力強くうなづくと、バッターボックスへと向かった。

もはやサトシからはオーラが出ている。

初球。

思い切り引っ張った“強烈”なアタリは3塁線の左へ抜けてファール。

これでピッチャーはびびったのか、ストライクが入らなくなった。
結局サトシは“押し出し”のフォアボールで、3-6となった。

続くユウも押し出しで4-6。

なおも満塁。

さらに押し出しで5-6。一点差。

バッターボックスには“5年生”のエイスケ。
この日は失点に繋がるエラーなどがあり、精彩を欠いていた。
しかしここはフォアボールでも同点、一打出れば“逆転サヨナラ”の場面。

燃えないワケがない。
バットを立てると1点を見つめ集中を高めると、
相手投手を睨みつけてから構えた。

緊張感は最高潮。

初球、頭付近に球がきてボール。

2球目、“ド”真ん中のストライク。

(緊張感で体が動かないのか…)

3球目、大きく外れてボール。

カウントはワンストライク、ツーボール。

4球目、これも大きく外れてボール。

ワンストライク、スリーボール。

次がボールなら同点だ!

サトシの打席以降、依然ピッチャーの制球は定まっていない。

5球目、高めの“ボール”球に手が出てファール。

(く~ぅ)

カウントはツー・スリー。

運命の6球目…

「ストライ~ク、バッターアウト!ゲームセット!」

エイスケは手が出なかった…

5-6でフレンズは負けた。

スポーツは負けて得ることがある、とよく聞くが、勝った方が得ることが多いに決まってる。
負けるなら大敗。接戦は“必ず”勝たなければならない。“善戦”ではほとんど何も得ることができない…。

試合後、エイスケが泣いていた。

人目もはばからず泣いていた。

エイスケはこれまで、試合に負けて泣いたことがない。
他の5年生みんなが悔しくて泣いていても、エイスケだけは泣かなかった。
どこか“のほの~ん”としていた。

しかし、この日は泣いた。
“あの”エイスケが泣いたのだ。

初めて“ホントに”悔しいと思えたのだろう。

この悔しい気持ちは、スポーツをしている人しか味わえない。

まだ小学5年生。
本当は野球なんかせずに遊びたいだろう。
そんな気持ちを押し殺し、みんなが遊んでいる時間を、ずっと野球の練習に費やした。
とても「好き」で取り組んでいるとは思えなかったが、遊びを我慢して野球をしていた。
プレーの上達はもう少し先かもしれない。
だがこの日見せたエイスケの涙は、間違いなく“スポーツ選手”の涙だった。
少しずつかもしれないが、確実に成長していることを感じ取ることができた。

そしてこのエイスケの成長は、間違いなくチーム全員の成長へと繋がる。

だとすれば“善戦”だったこの試合、得たものは“とてつもなく”大きいに違いない。

空飛ぶ野球少年




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 浜松学院中学校男子バスケットボール部
    浜松学院中学校男子バスケットボール部静岡県の男子バスケットボールにおいて絶対王者として君臨する浜…
  2. 浜松開誠館中学校
    レッドウイング・ホンダカップ チャンピオンシップ中体連の部とクラブの部の2つのカテゴリーに分かれ…
  3. 北浜中学校野球部
    北浜中学校野球部強豪校でありながら、新チーム結成後、公式戦で“わずか”1勝しか挙げられず、苦汁を…
パーツボックス
PAGE TOP