平成28年度中学校総合体育大会

浜松学院中が
 男女ともに全国出場

平成28年度中学校総合体育大会

男子は、浜松学院中学校と新居中学校、浜松開誠館中学校鷲津中学校の上位シード校が揃って準決勝進出。

準決勝では、浜松学院中が鷲津中を85対31の大差で下し決勝進出。新居中と開誠館中が戦った準決勝第二試合は、1点を争う好ゲーム。最後までどっちに転ぶか分からない試合となったが、51対50の“1点差”で開誠館中が勝利し、決勝進出を決めた。

決勝戦では、圧倒的な“優勝候補”の浜松学院中に対し、開誠館中が粘りを見せたものの、81対58で浜松学院中が勝利し、地区大会優勝を飾った。この他に県大会に進んだのは、舞阪中学校、与進中学校、引佐南部中学校、南部中学校の計8チーム。

県大会では浜松勢がベスト8に5チーム(浜松学院中、新居中、開誠館中、鷲津中、舞阪中)が入る大活躍。そんな中、決勝戦へ進出したのは“王者”浜松学院中と、準決勝で開誠館中に地区大会のリベンジを果たした(52対50)新居中が激突。浜松学院中と新居中が東海大会出場を決めた(優勝は浜松学院中)。

浜松学院中は東海大会でも優勝し、全国大会へ出場。全国大会でもベスト16という好成績を収めた。

女子では、浜松学院中学校と北浜中学校、浜松開誠館中学校、西遠女子学園中学校がベスト4へ。

準決勝では、第4シードの湖東中学校を倒した北浜中が浜松学院中に挑んだが、72対43で敗戦。
開誠館中と西遠女子中という実力校同士の対戦となった準決勝第二試合は期待通りの接戦となったが、第2シードの開誠館中が58対50で西遠女子中を下し決勝へと進んだ。

決勝戦では浜松学院中が力を見せつけ、69対39で地区大会を制した。
準決勝に進んだ4チームの他に県大会へは、湖東中学校と鷲津中学校、そして“実力校”舞阪中学校を51対49(順位決定戦)で下した南部中学校が進んだ。

県大会でも浜松学院中は、その圧倒的な攻撃力を武器に勝ち進み優勝。

開誠館中は接戦を勝ち上がり準決勝まで進出したものの、東海大会へはあと一歩届かなかった。

浜松学院中はその後の東海大会で3位に入り、男女揃っての全国大会出場を果たした。

平成28年度中学校総合体育大会

 

clipstro

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 空飛ぶ野球少年
    9月15日。今日は左腕のギブスを外して再検査の日。再度レントゲンを撮り怪我の治り具合…
  2. 美薗ランニングクラブ
    美薗ランニングクラブ美薗中央公園を拠点に活動している『美薗ランニングクラブ』。平成18年…
  3. 西遠女子学園中学校バレーボール部
    西遠女子学園中学校バレーボール部静岡県の女子バレーボールにおいて、絶対王者として君臨している西遠…
PAGE TOP