運動能力覚醒講座

運動能力はいつ決まる!?

世の中には、運動が得意な人もいれば、運動が苦手な人もいます。運動はできるに越したことはないですよね。では、運動が得意・不得意といった“運動能力の良し悪し”はどのように決まるのでしょうか。

実は、ジュニアアスリートである“小学生の時期”が、この運動神経の良し悪しを決定するうえで、非常に重要な時期なのです。この時期のことを“ゴールデンエイジ”とも言い、小学生のこの時期には神経が発達しています。この神経が発達している間に、どれだけたくさんの運動を行うか、どれだけたくさんの動きを覚えることができるかが、とても重要になります。

小学生のこの時期は、さまざまな動きを即座に習得することができます。これは運動に限ったことではありません。

例えば、英会話もこの時期に始めると覚えが早かったりします。このように、さまざまな神経が構築されている小学生の時期に、さまざまな動きを行うことにより、それらの動きを短期間で習得することが可能になります。

さらに、この時期に覚えた動きは、大人になっても基本的に忘れることはありません。

例えば、小学生で覚えた自転車の乗り方は、大人になり、車やバイクでの生活によって自転車に乗らなくなっても、乗り方を忘れることなく、いつでも自転車に乗ることができますよね。しかしながら、神経の構築ができあがった高校生ぐらいになってから、新たな動きを覚えようとしても、ゴールデンエイジの時期よりも、相当多くの時間が必要となります。

このように、運動の得意・不得意は、小学生の時期にどれだけたくさんの運動をするか、どれだけたくさんの動きを覚えることができるかが鍵となります。

しかし、「即座に動きを覚える」と言っても、その早さには個人差があります。周りよりも少し覚えるのが遅いために、“運動が苦手”と思っている子も、今のこの時期に頑張ると、動きを覚えることができてきます。そして、その身に付けた動きは、大人になった時も身体が忘れずに覚えています。

苦手を克服するのもこの時期です。今はスポーツを楽しみながら、自分の運動能力を信じて、さまざまな動きに挑戦してほしいと思います。将来、スポーツで活躍している自分を思い浮かべながら。今の頑張りが、きっと、思い描いた“将来の自分”に近づく一歩となるはずです。

能力覚醒講座

中塚
中塚英弥さん(なかつかひでや)
科学的なデータと知識を活かして、パフォーマンス向上をサポートする、アローズラボ研究員。

Arrows GYM

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 積志中学校柔道部
    積志中学校 柔道部新人戦浜松地区大会で優勝を果たした積志中学校。静岡県柔道祭では、西部大…
  2. 曳馬中学校 野球部
    曳馬中学校 野球部新人戦浜松地区大会、西部大会と立て続けに準優勝を果たすと、続く県大会ではベスト…
  3. AOI PHOENIXミニバスケットボールスポーツ少年団
    AOI PHOENIXミニバスケットボールスポーツ少年団平成18年に結成された『AOI PH…
パーツボックス
PAGE TOP