中体連男子バレーボール
 県大会の組み合わせ

浜松地区の上位独占なるか!?

第1シードには、『新人戦』の県大会3位、『選手権大会』の県大会準優勝、そして『中体連浜松地区大会』優勝の岡崎中学校が入った。注目は何と言っても“エース”の岩切くん。アタックだけではなく、サーブ・レシーブなども高いレベルでこなす、県内屈指の“オールラウンダー”。大会二連覇を目指す。

その対抗となるのが、『新人戦』県大会と『選手権大会』県大会で優勝を果たした北浜東部中学校。素早いトス回しと、粘り強い守備が持ち味。三大大会全てを制し、東海大会へと進むことができるか。

そしてもう一チーム注目なのが北星中学校。最大の武器である“高さ”を武器に、優勝を虎視眈々と狙う。

その他では、『新人戦』、『選手権大会』ともに北星中に敗れ、県大会ベスト8となった曳馬中学校にも注目したい。

笠井中学校は初戦で函南東中学校と、湖東中学校は下田中学校と、庄内中学校は富士宮第四中学校と、与進中学校は西奈中学校と、可美中学校は御殿場南中学校と対戦する。

県大会はエコパアリーナにて、7月27日より開幕する。

東海大会へ出場できるのは上位3チーム。

浜松勢が“独占”することを期待したい。

中体連男子バレーボール

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 浜松修学舎中学校男子卓球部
    浜松修学舎中学校 男子卓球部今年で創部5年目にも関わらず、名門校として全国にその名を轟かす浜松修…
  2. 浜松修学舎中学校卓球部(男子)
    浜松修学舎中学校卓球部(男子)昨年の夏季大会において全国大会で優秀13校に入った浜松修学舎中学校…
  3. 平成28年度中学校総合体育大会
    平成28年度中学校総合体育大会シード校が順当に勝ち上がる中、波乱を巻き起こしたのは“ノーシード”…
パーツボックス
PAGE TOP