嶋野一輝

“夢”を与えられる人になるのが最終目標

嶋野一輝 湖東中学校陸上部

本格的に陸上を始めたのは中学校に入ってから。小学生の時にマラソン大会で活躍したことがきっかけで、陸上部に入る決心をしたらしい。マラソンが得意だったことから、当初は長距離を練習していたようだ。

転機が訪れたのは 年の春先。当時の顧問の先生から「ハードルやってみないか?」と言われ、ハードルへ転向。その後すぐに行われた『中体連夏季大会県予選』の110mハードルにて、県4位に入ったことでハードルに専念。才能が一気に開花した。その後の新人戦県大会では、大会記録で優勝。そして昨年10月に行われた『ジュニアオリンピック』では14秒67のタイムで日本チャンピオンに輝いた。

普段の練習は、放課後の部活動のみ。限られた時間の中で集中してトレーニングすることで“日本王者“になれることを証明した。

「今後の目標は、目前に迫った『全中』での優勝。タイムは13秒台を出したいです。将来的には実業団でもハードルを続け、世界大会で活躍する選手になり、全国の皆さんに“夢”を与えるような人になることが目標です」

適正を見極める指導者の存在が、ひとりの人生を大きく変え、夢を与えた。そしてその夢を掴んだものが、その夢を後世に伝えていく。彼の“夢”のようなサクセスストーリーは、まだ始まったばかりだ。

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 中体連女子ソフトテニス県大会
    因縁のライバル対決は清竜中学校に軍配中体連女子ソフトテニスの県大会が終了し、東海大会へ進む4校が…
  2. サッカー浜松地区大会
    県大会へ出場する7校が決まる。7月2日より開幕したサッカー浜松地区大会も17日に幕を閉じ、県大会…
  3. 編集長のひとりごと
    春は別れと出会いの季節。私事だが、息子が高校を卒業した。何だか「あっ」という間だった。ジ…
パーツボックス
PAGE TOP