開成中学校吹奏楽部

「結束力」で目指す3年連続の『全日本』

開成中学校 吹奏楽部

中学生吹奏楽の最高峰である『全日本吹奏楽コンクール』。この大会に東海支部代表として2年連続で出場しているのが開成中学校吹奏楽部だ。

吹奏楽部の部員は、演奏の中心となる2・3年生が34名。新たに1年生が25名入部し、総勢59名となった。これは50人が基本の、吹奏楽の編成からすると、少ない人数になる。

普段の練習は、リーダーを中心に自分たちで練習メニューを作成。最も重視しているのは基礎練習。細部にまでこだわった反復練習を繰り返すことで、正確さと力強さを習得する。全体練習では、音のスピード感や迫力を意識。部員みんなが自ら考え、意見を出し合うことで、開成中学校としての“音”を創り上げていく。

目標はもちろん、3年連続となる『全日本吹奏楽コンクール』への出場。東海支部に与えられた“たった”3校の代表枠の獲得だ。

「吹奏楽部はスクールバンド。音楽が上達することも大事ですが、一方で、人間形成の場でもあります。音楽を通じて、感謝する心だったり、協力することの大切さを身に付けて欲しいと思います。そうして身に付けた人間性は、必ずや演奏に活かされるはずですから」と顧問の加藤先生。

生徒たちが自ら考え、生み出された音色が、今日も高丘の街に響き渡る。

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 浜松ガッツ少年野球団
    浜松ガッツ少年野球団昭和55年に結成され、今年で37年目を迎える『浜松ガッツ少年野球団』。萩…
  2. アスリート対談
    岩切敏久×梅林慎吾膝が曲げられないほど痛みは増していた。その痛みはスポーツができる状況にはなく、…
  3. 中体連野球の部
    中体連野球の部県大会組み合わせ中体連夏季大会野球の部の県大会の組み合わせが決まった。…
パーツボックス
PAGE TOP