野球の神様が微笑んで手にした
 二年連続での『全国大会出場』!

曳馬中学校 野球部

同点で迎えた最終回裏、ワンアウト満塁、一打“サヨナラ負け”の大ピンチ。バッターボックスには相手チームの最高の打者がいる。

「カキーン!」

ジャストミートした強いライナー性の打球が、前進守備を敷くショートの横を凄い勢いで抜ける。

「終わった…」

誰しもがそう思い立ち肩を落とそうとした瞬間、“奇跡”が起こった。

センター前に抜けるはずのその強烈なライナーは、二塁から三塁へ走り出したランナーに当たった…。
九死に一生を得た曳馬中は延長戦で勝ち越し、二年連続での『全国大会出場』を果たした。

「自分の野球人生の中で、こんな奇跡は初めて」と後に高村大輔監督が語るほどの奇跡的なプレーを、曳馬中ナインは引き寄せた。

“強豪”と呼ばれて久しい曳馬中野球部だが、その歴史は比較的浅く、今年で創部14年目。昨年は、細かい継投と圧倒的な打力で県を制し全国大会に進んだ。今年は羽切くん、岡田くんの二人の投手を中心とした守りのチームへ変貌。足を使った攻撃で少ないチャンスをモノにし、全国への切符を掴んだ。

キャプテンの田代健斗くんは全国大会に向けてこう話してくれた。

「初戦の相手は明徳義塾中。名前が知れ渡る学校ですが、名前負けするつもりは全くありません。ひとつのプレーに集中し、まずは“全国一勝”。これが目標です。苦しい展開になることもあるでしょうが、僕たちは絶対に諦めません」

毎年メンバーが変わる中での“二年連続”全国大会出場は、“常勝”曳馬中野球部をより一層印象づけた感がある。ただ選手たちにとってはかけがえのない全国の舞台。ほとんどの選手は、生涯経験することのない特別な舞台。思い切って、緊張感を喜びに変えてプレーしてくれれば幸せだ。

野球の神様に見初められた曳馬中野球部の全国大会での活躍、さらには今後の躍進を楽しみにしながら、見守っていきたいと思う。

曳馬中学校 野球部

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 空飛ぶ野球少年
    先日嫁さんとの会話を何気なく聞いていると、「コウタ二学期学級委員じゃん。それでさあ…」(…
  2. 浜北北部中学校ソフトボール部
    浜北北部中学校ソフトボール部新人戦浜松地区大会に続き、西部大会でも優勝を果たした浜北北部中学校。…
  3. 北浜東部中学校
    挑戦者として“本気”で挑む夏“挑戦者”として挑んだ新人戦の浜松地区大会では、並み居る強豪を倒し優…
PAGE TOP