意志あるところに
 道は開ける。

三方原中学校
男子ソフトテニス部

3年生16名、2年生14名の30名で活動している『三方原中学校男子ソフトテニス部』。

練習は基礎が中心。徐々に実戦形式を増やしながら、主要大会に照準を合わせる。初心者が多いため、春先まではゲームを作る後衛のレベルアップを主とし、ここからは勝負を決める前衛の技術を磨く。

昨年から顧問を務める秋田大和先生に話を聞いた。
「せっかく始めてくれたソフトテニス。まずは高校でも活躍できる技術を身に付けさせたい。試合に出場するのは一部の選手ですが、30人全員がいてチーム。壁に当たったら、仲間全員と越えることを求めています。指導については、新チームになったばかりの頃は私がやりますが、時期を見てリーダーに任せ、最終的には個人が考え、実践できる“意志”を持った集団になってほしいですね」。

この日の練習でも、キャプテンが練習を止め、選手それぞれが話し合いを行う場面が頻繁にあった。

キャプテンの鈴木健太くんにも話を聞いた。
「普段の練習から自主性を求められてます。そのお陰か、学校生活でも一人一人が積極的になり、生徒会などにも多くの選手が携わっています。チームが目指しているのは“全員テニス”。試合に出る選手、出ない選手関係なく、全員で悔しがり、全員で喜ぶ。これが三方原中ソフトテニス部。目標は全国大会です」

“意志”とは、意欲であり積極的な気持ち。
彼らは、部活を通して意志を手にしようとしている。

その意志を手にした時、彼らの未来は光り輝くものとなる。

三方原中学校男子ソフトテニス部

三方原中学校男子ソフトテニス部

ラフレ




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 中体連女子ソフトテニス県大会
    因縁のライバル対決は清竜中学校に軍配中体連女子ソフトテニスの県大会が終了し、東海大会へ進む4校が…
  2. しつもんメンタルトレーニング
    レッスン8保護者の在り方についてジュニアアスリートの「編集長のひとりごと」は、皆さんお読みで…
  3. レワードカップ NPBガールズトーナメント2017
    レワードカップNPBガールズトーナメント2017女子野球の普及を目的に開催されている『レワー…
PAGE TOP