速い柔道で
 県ベスト4を目指す。

笠井中学校
柔道部

県大会の常連として知られる“強豪”笠井中学校柔道部。
浜松地区新人戦では3位入賞を果たし、柔道祭でも、西部大会で優勝し、県ベスト8進出を果たすなど、今年も、その実力は県内屈指。

今年のチームの特徴は、素早さを活かした柔道。小柄な選手が多く、体格では不利な部分もあるが、小兵ならではの戦い方を追求し、粘り強く、特性を活かした柔道で勝利を目指す。

独特な練習メニューが特徴的な同部。
通常の基本稽古にくわえ、レスリングの練習を行ったり、トレーナーによる体幹トレーニングを取り入れたりと、様々なトレーニングを行う。また、ほとんどの選手が小学生から同じ道場に通う仲間ということもあり、チームワークの良さも特徴と言える。

現在は、2年生5名、1年生3名の8名で活動。
夏以降のことを考えれば、部員の募集は急務となる。

主将の服部昂輝くんは、チームについてこう話す。
「全員が仲が良いのですごく良い雰囲気のチームです。柔道祭では、県のレベルを知ることができたので、それは大きな収穫だったかなと思います。昨年に比べ、今年はさらに小柄なので素早さを活かした柔道で勝ち上がりたいです。県大会出場はもちろんですが、東海大会や全国大会にも出場したい。そのためには、県のベスト4以上が必要なので、まずはそこを目指したいと思います」

部員不足という環境の中でも選手たちは諦めることなく上を目指している。
これからも目標に向かって邁進し続ける。

笠井中学校柔道部

笠井中学校柔道部

スポーツジム




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 第41回毎日文化サロン講演会
    城彰二西野ジャパンを語る。まもなくワールドカップロシア大会が始まります。日本中がサッカー…
  2. 平成28年度中学校総合体育大会
    平成28年度中学校総合体育大会シード校が順当に勝ち上がる中、波乱を巻き起こしたのは“ノーシード”…
  3. 浜松中学部活動写真展2017
    10月23日(月)から11月4日(土)まで、イオンモール浜松志都呂にて『浜松中学部活動写真展2017…
PAGE TOP