三方原ポートボール

強い精神力こそが
 この先の人生の礎。

三方原ポートボール

約12年前に、三方原北、三方原南、百里が合併して誕生した『三方原ポートボール』。現在は、三方原小学校に通う女子28名が在籍している。練習は週末に行われ、ポートボールの基礎、走り込みを中心に、中学生になっても活躍できるための素地づくりに取り組む。

坂口監督はチームについてこう話す。
「大事にしていることは気持ちです。小学生のこの時期は人間としての土台を作る大切な時。できるだけ厳しい環境に身を置くことで、強い精神力が身に付くと思っています。その強い精神力が、この先の人生において重要なスキルになると思っています。ポートボールはチームスポーツ。一人ではできません。周りの人を生かして行う競技です。これは人生も同じ。ポートボールを通してさまざまな事を吸収してほしいですね」

チームの特徴は、走り負けしない走力と、精神力をベースとした球際の強さ。
それを武器に、成績上位チームが参加する『チャンピオンシップ』への出場も果たした。

チームキャプテンの太田愛理さんは、「練習は厳しかったですが、その分、選手間のまとまりが生まれ、楽しくできた4年間でした。大阪に遠征に行ったことが一番の思い出です」と語り、ゲームキャプテンの本間野愛さんは、「厳しかった夏合宿が一番の思い出です。最後のチャンピオンシップでは、自分たちで考えてプレーすることができ、最後に一番のゲームができました」と語る。

スポーツを通じて得られる人間性と精神力。
これがこの先の人生の礎となる。

三方原ポートボール

三方原ポートボール

アスラスポーツ接骨院




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 抜群の安定感で曳馬中学校が優勝に輝く。平成28年10月1日、2日、8日の3日間にわたって行われた…
  2. 積志中学校 剣道部女子
    積志中学校 剣道部女子男子の活躍ばかりがクローズアップされてきた積志中学校剣道部。それも…
  3. 高台中学校が2年ぶりに王座へ返り咲く。平成28年10月8日に行われた男子柔道の「浜松地区中学校新…
パーツボックス
PAGE TOP