浜松開誠館

強豪から常勝軍団へ。

浜松開誠館
中学校野球部

春の全日本軟式野球大会において浜松ブロックで初優勝を果たし、創部以来初となる県大会出場を果たした浜松開誠館中学校野球部。
夏季総合体育大会でも浜松地区でベスト4に入り、県大会へ出場。

これまで破れなかった壁を突破し、新しい歴史を築き上げた。

新チームとして、新たなスタートを切った同部。
小柄な選手が多いが、部の基本である、“上へ繋がる野球”と“野球IQ”を高めることを続けてきた。

下河邉監督はこう話す。
「今年の3年生は、常勝を目指し、開誠館をブランド化したいという強い想いで戦ってくれました。その姿勢や想いは、間近で見てきた後輩たちにも伝わっていると思います。コツコツと努力することができる選手ばかりです。3年生の想いに応えられるよう、泥臭くやっていきたいと思います」

新チームは、1年時からレギュラーとして活躍してきた馬場翔山くんが恵まれた体格を活かした力強いバッティングで攻撃を牽引。
守備では、技巧派左腕の山田竜也くんがエースとしてチームを引っ張る。

キャプテンの仲野拓磨くんに話を聞いた。
「僕たちの代は、試合経験が少ないので、そこには不安があります。でも、先輩達から多くのことを教わって、色々な経験をさせてもらいました。先輩たちの想いを自分たちが引き継いで頑張っていきたいと思います」

春以降、強豪として各大会で優勝争いを演じてきた同部。

強豪から常勝軍団へ。

まずは、新人戦での西部大会進出。
その後は、県大会での初勝利を目指す。

浜松開誠館

一番プリント

浜松中学部活動写真展2017




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 浜松浅間野球スポーツ少年団
    浜松浅間野球スポーツ少年団浅間小学校を拠点に活動している少年野球チーム『浜松浅間野球スポーツ少年…
  2. 編集長のひとりごと
    三年生にとって、“中学最後”となる中体連夏季大会もいよいよ佳境。本誌が出る頃には、県大会出場チーム以…
  3. 都田リバース
    都田リバース都田南小学校を拠点に、浜松市北部エリアで活動している少年野球チーム『都田リバース』。…
パーツボックス
PAGE TOP