しつもんメンタルトレーニング

ジュニアアスリートのための
 特別メンタルトレーニング

レッスン8
保護者の在り方について

ジュニアアスリートの「編集長のひとりごと」は、皆さんお読みでしょうか?

私は、毎回楽しみに読ませていただいております。

編集長も親として、それから様々な取材の現場で多くのことを見てきたからこそ、出てくる言葉だと思います。まだ、読まれたことのない方は、是非一度読んでみてください。

さて、今回は、そんな選手を見守る保護者の方向けのお話です。

前回は、選手同士の繋がりについて『しつもん』させていただきました。
しかし、チームは選手だけでは成り立ちません。
見守る保護者や、指導をする監督、チームスタッフなど色々な人で成り立っています。
私のところに来る相談者のほとんどが、選手たちの一番近くに立ち、多くの時間を共有している保護者の方です。
選手たちをサポートしていくにあたって考える時間をいただければと思います。

まず、下記の質問について考えてみてください。

くまの運動教室

書けましたか?

くまの運動教室

ちょうど昨年のこの時期から、多くの大会や練習会場を見学させていただきました。
この時期は、選手の身体や技術、行動に少し物足りなさを感じていました。

しかし、夏の大会では、そんなことを感じさせない戦いぶりを見せてくれました。
このギャップこそが、“成長”なんだなと感じた瞬間です。

新チームになって、物足りなさを感じる保護者の方はたくさんいると思います。
先輩たちと一緒に戦い、ともに笑ったり、悔し涙を流す姿を見てきた方は、「何やっているんだ」と思うかもしれません。

しかし、チームはまだ始まったばかり。
今の経験は、大きな糧となります。気持ちに余裕を持って、選手たちに「どうしたらできるんだろうね?」と問いかけてください。

くまの運動教室

くまの運動教室




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 嶋野一輝
    嶋野一輝 湖東中学校陸上部本格的に陸上を始めたのは中学校に入ってから。小学生の時にマラソン大会で…
  2. 第22回シャンソンカップ西部支部大会
    第22回シャンソンカップ西部支部大会平成28年6月12日と19日の二日間に渡って行われた『シャン…
  3. 武道空手少年クラブ東海
    武道空手少年クラブ東海浜松市東区長鶴町の本部道場を中心に、浜松市内12ヶ所で教室を開いている…
PAGE TOP