第27回国際親善中学野球

浜松選抜
 台湾遠征レポート。

第27回国際親善中学野球
浜松選抜台湾遠征

台湾遠征前に行われた『静岡県親善野球大会』で優勝を飾ったNチーム。
初戦の藤枝選抜に逆転勝ち(5対4)を収めると、その後は安定した投手力を武器に、小笠選抜を2対1、駿河選抜を1対0、磐周選抜を3対1で下して県王者に輝いた。

そのままの勢いで台湾に乗り込むと、初戦の西苑高中(台湾)戦では打線が爆発。
坪井(三ヶ日中)の3本の長打などで大量得点を挙げ、26対2で初戦を飾った。

続く第二試合は向上國中(台湾)と対戦。
中盤までは1点を争う均衡したゲームとなったが、終盤の6回に追加点を奪われ万事休す。3対6で敗れ、連勝はならなかった。相手のフォアボールやエラーなどでチャンスは何度かあったものの、決め手の一打が出ず、課題の残る試合となった。

翌日行われた第三試合は中山國中(台湾)と対戦。
初回に3点を奪われる苦しい展開となったが、その後は投手陣が踏ん張り、1対3と接戦のまま最終回へと進んだが、その表に7点を奪われ、結局2対10で敗戦。相手投手のキレのある変化球に抑え込まれた。

最終戦となる豊陽國中(台湾)との一戦。
この試合でも投手陣が捕まり、2回を終えて0対4と苦しい展開。何とか追いつきたい3回裏、フォアボールを足掛かりに三連打で3点を返し、3対4と1点差。しかし4回表に失点し、3対5と2点差に。試合はこのまま最終回へ。相手の攻撃を無失点で切り抜けると、その裏の攻撃。代打攻勢を仕掛けるとこれがハマり、連打でノーアウト1塁、2塁のチャンス。ここでさらに代打の一色(富塚中)。ワンボールから振り抜いた打球はグングンと伸び、右中間を真っ二つに破る三塁打。ランナー二人が返り同点に追いつく。続く1番の名倉(三ヶ日中)が技ありのセンター前ヒットを放ちランナーが生還。劇的なサヨナラ勝ちで最終戦を終えた。

一方のHチーム。県親善試合では、準決勝で特別延長の末、敗退。決勝での浜松対決はならなかったものの、安定した投手力が光った。

台湾遠征では、初戦で中山國中と対戦。
3回に連続タイムリーと二つの押し出しで4点を挙げると、終始試合の主導権を握り、7対1の快勝。先発の高井(清竜中)は3回以降パーフェクトに抑え完投。投打が噛み合った最高の試合となった。

続く第二試合は、豊陽國中と対戦。
この試合でも幸先良く先制点を挙げ主導権を握ると、4回、5回には横井(篠原中)のスクイズや、酒井(高台中)のタイムリーなどで追加点を挙げ、4対1。最終回にはダメ押し点を挙げ、5対1で勝利。連勝で初日を終えた。

二日目の初戦は西苑高中と対戦。
初回に1点を先制されたが、3回表に追いつくと、その後はシーソーゲームに。お互いに2点ずつを奪い合い3対3のまま試合終了。5回から登板した和久田(東部中)が、3回をノーヒットに抑える好投を見せた。

遠征の最終戦となる第二試合の相手は向山國中。
初回、無死満塁から増田(開誠館中)のタイムリーで2点を先制すると、中盤の4回と5回にも追加点を挙げ4対0。投げては、初戦で好投した高井が相手打線をわずか4安打に抑え完封。集大成として臨んだ試合を見事勝利で飾った。

この遠征に選ばれた42名は間違いなく何かを得た。
それは自信だったり、目標だったりするかもしれない。

しかし、忘れてほしくないのは感謝の気持ち。

これだけはしっかりと持って、上のステージへ進んでほしいと願う。

第27回国際親善中学野球
第27回国際親善中学野球

第27回国際親善中学野球
第27回国際親善中学野球

はなきりん




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 平成28年度中学校総合体育大会
    平成28年度中学校総合体育大会ベスト8が決まってから「順位決定リーグ」を行う卓球団体戦。…
  2. 浜松地区一年生大会バスケットボール
    平成26年度浜松地区一年生大会バスケットボール(女子)平成26年度浜松地区一年生バスケットボール…
  3. 中体連野球の部
    中体連野球の部県大会組み合わせ中体連夏季大会野球の部の県大会の組み合わせが決まった。…
パーツボックス
PAGE TOP