サーラカップ2017浜松予選大会

HondaFCが
 5年ぶり3度目の優勝。

サーラカップ2017浜松予選大会

浜松地区の68チームが参加した『サーラカップ2017』浜松予選大会。

決勝戦まで勝ち上がってきたのは、初優勝を狙うRyuchi FC(竜地)と、5年ぶりの王座奪還を目指すHonda FC(ホンダ)の2チーム。
予選リーグでも同組だった両チーム。この時は4対0の大差で竜地が勝利している。

試合は、序盤からホンダが卓越した技術を武器にボールを支配。
再三決定機を作り、竜地ゴールに迫る。ピンチの連続だった竜地だが、ゴールキーパーがビッグセーブを連発し、ミスから奪われた1失点のみに抑え、前半を終える。

後半に入ると竜地が反撃。
開始早々、前線からプレッシャーを掛けホンダを押し込むと、右サイドからクロス。これを綺麗に頭で合わせ、竜地が同点に追いつく。

このまま勢いに乗りたい竜地だったが、これを機に、息を吹き返したのはホンダだった。
後半6分に強烈なミドルシュートで勝ち越し点を挙げると、その後も立て続けにサイドを崩し、3点を奪取。
5対1とし、試合を決定づける。
最後まで諦めない竜地も奮闘したが、得点を奪うことができないままタイムアップ。

5対1でホンダが勝利し、5年ぶり3度目となる、浜松地区大会の優勝を果たした。

12月2日にヤマハスタジアムで行われる決勝大会に出場するのは、優勝したホンダFCと、準優勝の竜地FC、そして3位決定戦を制したオイスカFCの3チーム。

決勝大会では、昨年のフォルミーガ、一昨年のオイスカが優勝まであと一歩の所まで迫っている。
平成18年のリベロFC以来の頂点を目指して、3チームの活躍を大いに期待したい。

サーラカップ2017浜松予選大会

サーラカップ2017浜松予選大会




動画制作受付中!

ピックアップ記事

  1. 積志中学校男子剣道部
    積志中学校 男子剣道部ここ数年で“県内屈指”の強豪校としての地位を確立してきた積志中学校男子剣道…
  2. メジャー流野球筋のつくりかた
    肩のインナーマッスルの筋力が球速を左右する腕のしなりを使い、速球を投げるときに働くのが、棘上筋、…
  3. 西遠女子中学校がオールストレート勝ちで大会連覇女子バレーボール浜松地区大会決勝トーナメントが…
PAGE TOP